5/24(Fri)~6/5(Wed) 村上周 JAPANESQUE − 倭人の住みか− @ GALLERY SPEAK FOR

【メイン画像】japanesque

このたびGALLERY SPEAK FOR におきまして、アーティスト 村上周による個展「村上周 JAPANESQUE − 倭人の住みか− 」を開催します!シルクスクーリンやペインティングなど、多層的な手法によってダイナミックで印象的な絵画表現を続けている村上周。
目の前に現れる有形のものだけでなく、心に去来する無形のイメージなど、自らをパッセージするオブジェクトを題材に、時にはシンプルにキャンバスに転送し、時には濃密なコラージュとして構成するなど、緩急のあるエモーショナルな作風が持ち味です。彼がアウトプットしし、描いた絵が見るものと彼自身の新しい環境を作っていく、オーガニックな美意識の蒸留装置が彼の絵の魅力になっています。

また、プロダクトブランド「amabro」を主宰し、有田焼とのコラボレーションをはじめ、アートの視点から着想するインテリア雑貨・衣類に自らの表現を調和。さらに2012年からは、アジア大陸固有の家具や工芸品との対話から新しい作品を生み出すプロジェクト「MURASAKI」もスタートさせ、住空間で使えるクリエイションの面白さが注目を集めています。本展は、GALLERY SPEAK FOR での4回めとなる個展。創作活動を始めた初期から今までの絵画表現をまとめて一堂に俯瞰できる、はじめての趣向となります。絵やプロダクトなど様々なアプローチをとりながら「常に日本という器を考え、そこに生きる自分を見つめてきた」と振り返る村上。タイトルのとおり広義の「和」をキーワードとして照らす時、彼の世界観を支えている核心が体感できることでしょう。2006年以降のアクリル画やシルクスクーリン作品、抽象画などのアーカイブからの自薦作品に新作数点を交えて約30点の原画を展示・販売いたします。また、「amabro」の定番アイテム、レアな掘り出しアイテムや、「MURASAKI」からのおすすめ作品もあわせて紹介・販売いたします。


会場:GALLERY SPEAK FOR
開館時間:11:00~19:00

最終日のみ〜18:00 木曜休廊
ギャラリートーク:05/31(Fri) 18:30~
作品解説=村上周
聞き手=谷口純弘(DMO ARTS ディレクター)


LINEで送る
Pocket

Top