6/26(Wed)~7/7(Sun) スケッチトラベル®展 アフリカの子どもたちに図書室を @ 渋谷ヒカリエ 8F

sketchtravel_tate

アニメーション、マンガ、イラスト、絵本など各界の第一線で活躍中の国内外のアーティスト71名が参加した「スケッチトラベル®」プロジェクト。
そこで制作された全イラストを展示・販売する展覧会「スケッチトラベル®展 アフリカの子どもたちに図書室を」を、6月26日(水)より渋谷ヒカリエ 8F「8/ CUBE 1,2,3」にて開催いたします。

今回のエキシビションの目的は
「アフリカの子どもたちへ図書室をプレゼントすること」


作品を販売した収益は、識字教育を推進する国際NGO「ルーム・トゥ・リード(Room toRead)」を通じて、アフリカに図書室を作る費用に充てられます。作品はオンラインで購入することができます(http://sketchtravel.jp)。宮崎駿、松本大洋、寺田克也、森本晃司、堤大介、フレデリック・バック、マイク・ミニョーラ、ニコラ・ド・クレシーなどが競演する「スケッチトラベル®」プロジェクトの作品71点が一堂に会するこの機会にぜひご注目ください。
※今回展示販売されるのは、本展の為にそれぞれ1点だけプリントされたワン・アンド・オンリーな作品となります。


スケッチトラベル®プロジェクトについて
2006年から2011年の4年半にかけて、1冊のスケッチブックが世界中を旅した。
「トイ・ストーリー3」のアートディレクターなどとしてアニメーションスタジオ「ピクサー」で活躍中の堤大介氏と、フランス人アニメーター ジェラルド・ゲルレ氏のちょっとしたアイデアで始まったこのプロジェクト。1アーティスト 1ページを描いた後に、別のアーティストに手渡すというルールで、12ヶ国総勢71名アーティストをつないでいった。作家同士の友情と遊び心によって成立する、国境を超えた奇跡の競演として、各国メディアにも注目された。旅を終えたスケッチブックは、識字教育を推進する国際NGO「ルーム・トゥ・リード」をサポートするためオークションにかけられ、カンボジアほか5ヶ国で図書館を建てるなどの原資となっている。http://www.sketchtravel.com


ルーム・トゥ・リードについて
ルーム・トゥ・リードは、開発途上国の子どもの人生を、読み書きの習得と男女平等の教育機会から変えていく国際的な組織です(2000年設立。本部:米国)。
“子どもの教育が世界を変える”という信念のもと、現地コミュニティ、パートナー組織、政府機関と協働で、図書館・図書室の設置、学校建設、現地語図書の出版、女子教育支援を行っています。現在までにアジア・アフリカ10カ国において 780万人の子どもを支援し、2015年までに 1000 万人を目標としています。
日本では、2010年に特定非営利活動法人ルーム・トゥ・リード・ジャパンを設立し、主に啓発活動や資金調達を行っています。http://japan.roomtoread.org


「スケッチトラベル®展 アフリカの子どもたちに図書室を」開催概要
会期: 2013年6月26日(水)~7月7日(日) 11:00~20:00 
※初日の6月26日は~17:30まで。最終日7月7日は~17時まで
    会期中無休/入場無料
会場:
渋谷ヒカリエ 8F 「8/ CUBE 1,2,3」 
東京都渋谷区渋谷2-21-1 8F 
http://www.hikarie8.com/cube/
作品のご購入:
http://www.sketchtravel.jp よりオンライン購入していただけます。


LINEで送る
Pocket

Top