ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア 日本初の単独ショップがラフォーレ原宿1Fにオープン!(2014.2.22)

main

「Vivienne Westwood Anglomania(ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア)」の国内初となる単独ショップが2014年2月22日(土)、ラフォーレ原宿1F(正面入口交差点側)にオープンします。

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアは2014年春夏シーズンから既存のインポートラインに加え、英国Vivienne Westwood社との共同企画によるライセンスラインが本格的にスタートし、ラフォーレ原宿店ではレディスウエアを中心にライフスタイル雑貨も取り揃える、国内唯一の単独ショップとなります。

 ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアは1998年春夏よりスタートし、ファッションに関心の高いヤングから自分の着こなしを極めるファッショ二スタまで、年齢に縛られず、幅広いターゲット層に向けた「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」のディフュージョンラインです。「Vivienne Westwood」のアーカイブコレクションに新たなアレンジを加え、斬新なカッティング、パターン技法を取り入れたアイコニックなデザインや、毎シーズン打ち出されるユニークでエキサイティングなプリントが特徴です。

 2014年春夏シーズンは新たな商品構成として、ホームウエアやビーチタオルなどのライフスタイルグッズ、リユース素材を使った商品等、ヴィヴィアン・ウエストウッドとして初めて展開するアイテムが加わります。
ゴールドレーベルで発表したペーパージュエリーのデザインを用い、製作過程で出る廃材を再利用したレザージュエリーや、コーヒー豆の袋を再利用しオリジナルプリントを載せたトートバッグ、ソックスやタイツを縫い合わせたハンドメイドのぬいぐるみ「Sock Animal(ソック・アニマル)」など、デザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドが近年注力している環境保護活動に連動したリユース・アイテムが様々なラインナップで揃います。

ショップの内装には、廃棄された船材を再利用し、デザインされた什器と、床材を用いてブランドコンセプトを表現しました。ショップに足を踏み入れた瞬間、レジカウンター後方には壁いっぱいに広がるロンドンの名所、ピカデリー・サーカスのグラフィックが目に飛び込んできます。天地が逆になったピカデリーは、ヴィヴィアン・ウエストウッドがロンドンを表現する為に加えた彼女らしいアイロニーのひとつで、細部に至るまでブランドの世界観が存分に感じられる空間となっています。

 ファッション界に多大な影響を与え続け、英国を代表する世界的デザイナーとして今も尚、第一線でリードし続けるヴィヴィアン・ウエストウッド。彼女は自身のコレクションの場で、今日、人権、地球温暖化現象など世界で最重要課題と掲げる問題を人々に認識させ、実際に行動に移すよう働きかけています。日本初となるアングロマニアの旗艦店では、製品を通じてブランドの革新性や高いクリエイティビティと共に、これらのメッセージを発信し続けていきます。 





LINEで送る
Pocket

Top