笠井爾示写真展「MUSCOVITE」開催(1/17-1/29)

kasai_pr

風景や人物など表層的なモチーフの美醜だけではない、被写体の奥にある生々しい情景を捉えられる写真家として、国内外で注目を集めてきた笠井爾示氏が女優・真木ようこをモデルに撮影した写真展を開催。

笠井氏はナン・ゴールディン氏に見出され、荒木経惟氏に感化される形で写真集「Tokyo Dance」を発表した90年代半ば以降、その写真哲学は自身の作品かコミッションワークかを問わずに一貫しており、数多くの女優・俳優やタレント、ミュージシャンなどが、彼のファインダーの前で内面をさらすことを許してきました。

本展は、笠井氏が2013年12月に刊行した写真集「MUSCOVITE」(モスコヴァイト)を受けて開催されるものです。
「MUSCOVITE」とはモスクワのガラス、結晶の意とともにモスクワ人を指す言葉。女優・真木よう子をモスクワ郊外などで撮影した内容です。別荘やホテルの室内、地下鉄などのプライベートシチュエーションで捉えられる自然な彼女の姿は、笠井氏の「FUJI FinePix X100」によるスナップ写真のライブ基調と、ドキュメンタリーアプローチでの視線で包まれ、風景との呼応も活性化。ひとりの女性としての生命が主人公となり、これまでのタレントグラビア的な話法とは次元の異なる真木よう子の魅力が引き出されています。

モスクワのシティスケープ、ポートレートなどを織り交ぜ、本展のために制作される半切サイズのオリジナルプリント約30点で構成。プリント作品は全て販売。また、写真集など関連アイテムも販売されます。

笠井爾示 MUSCOVITE
2014年1月17日(金)- 29日(水)11:00-19:00 毎週木曜休
会場 GALLERY SPEAK FOR
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F
http://blog.galleryspeakfor.com

写真集「MUSCOVITE」2013年12月発売
定価 : 2,625円(税込) 仕様 : ソフトカバー 約120ページ 発売 : 光文社

【ギャラリートーク開催】
2014年1月17日(金)18:30~19:00 入場無料
作品解説=笠井爾示


笠井爾示(かさいちかし)写真家

1970年東京生まれ。’80年から8年間ドイツで学び帰国。’95年、多摩美術大学卒業。’96年に初の個展「Tokyo Dance」(Taka Ishii Gallery)を開催。翌年、写真集「Tokyo Dance」「Danse Double」を刊行し注目を集め、ストックホルムとニューヨークにて個展を開く。以後のおもな写真集に「波珠」(’98年、青幻舎)、「KARTE」(’10年、Noyuk)などがある。「Electric Dreams」展(’02年、バービカン・アートセンター)など内外のグループ展に多数参加。広告や雑誌、CDジャケット、俳優・女優たちのポートレート撮影も幅広く手がけている。

http://www.kasaichikashi.com/


真木よう子 女優

千葉県生まれ。2001年、映画「DRUG」(菅原浩志監督)でデビュー。’13年は、ドラマ「最高の離婚」などに出演。単独主演映画「さよなら渓谷」(大森立嗣監督)は第35回モスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けた。映画「そして父になる」(是枝裕和監督)も第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。

http://www.flyingbox.co.jp/maki/


LINEで送る
Pocket

Top