3/21(Fri) 東京ランウェイ2014 S/S に過去最高1万6000人!

140321tokyorunway131

3月21日(金)国立代々木競技場第一体育館にて「東京ランウェイ2014 SPRING/SUMMER」が開催され、過去最高の16,211人が訪れました。東京ランウェイは、アジア最高峰のリアルクローズイベントでアジア諸国で人気のブランドやファッションを愛する女性が憧れる海外のハイエンドなブランドも参加することが特徴。今回は、snidel、Lilidia、ricori、KATE SPADE、GUESS、DIESEL BLACK GOLD、DRESSCAMPなど40を超えるブランドが参加し、幅広く楽しめるラインナップとなりました。

今回のテーマは、「WHAT IS FASHION?」
見た目だけのファッションを提案するのでなく、ファッショナブルな人生を生きてほしいという想いから「WHAT IS FASHION?」を自分自身に問いかけながら深みのある人生を生きていってほしいというメーッセージが込められています。

トップバッターは初登場長谷川潤!ゲストにTAKAHIROで大歓声
今回が実は東京ランウェイ初登場となる長谷川潤からショーがスタート。そのオーラにMCの谷原さん「別格ですよね」とひとこと。その他にも蛯原友里や藤井リナ、秋本梢、加藤夏希など人気モデルが多数登場しステージを華やかに彩りました。また、シークレットゲストにはEXILEのTAKKAHIROが登場し、会場は熱狂。3月5日にリリースされたSamantha ThabasaのCMソング「LOVE STORY」を披露し、会場を魅了しました。他にもアジアの歌姫として注目のAileeや人気ガールズユニットのE-Girlsなどが登場したほか、俳優の斉藤工、「クローズEXPLODE」から東出昌大、永山絢斗、やべきょうすけなど豪華俳優陣の顔ぶれの登場もあり、熱気に溢れていました。

「オールホワイト」がトレンド! セットアップブームもまだまだ続く!
今回どのブランドにも多く見られたのが全身ホワイトでまとめた爽やかさと清潔感のある上品なスタイル。昨年から流行っているセットアップもホワイトが多く見られました。頭からつま先、小物までホワイトで統一するものが多くありましたが、足元にブラックをもってきて締めたコーデや、バッグや靴など一点だけを淡い水色にしたコーデも。淡い水色と白の相性がよく、品よくまとまっていました。

モデルオーディションやダンスステージなど多彩
ファッションステージだけでなく、オーディションやライブステージなど様々なステージがあるのが東京ランウェイの特徴。今回特に面白かったのが、「Xperia」のスペシャルステージ。道端アンジェリカ、浦浜アリサ、メロディー洋子の3人がダンサーのパフォーマンスと共に「Xperia」をかっこよく持ち、踊ったり表情を魅せたり、舞台を観ているかのような雰囲気で会場を魅了していました。






LINEで送る
Pocket

Top