資生堂が2月8日を「艶の日」に制定、イベントに吉田沙保里さん登場

8596

株式会社エフティ資生堂のヘアケアブランド「TSUBAKI」は、ひとりでも多くの女性に艶のある髪で魅力を高めてもらいたいとの願いをこめて、今年から2月8日を「艶の日」に制定し、それを記念して髪の艶を手に入れると世界はどう変わるのか、艶髪に関する28のことを見て・学び・体感することのできる「艶ミュージアム・私を艶髪にしてくれる28のこと」を、2月8日から10日までの3日間、サナギ新宿に期間限定でオープンした。

ミュージアムでは、「艶Wリング」をテーマに、艶髪に関する28のことの体験が出来て、美しい艶髪は女性に自信をもたらし、毎日を楽しく変えることを多くの女性に伝えることを目的としている。

また、写真家・映画監督の蜷川実花さんのディレクションした春らしいデザインのコラボ商品も2月上旬から限定で発売する。

初日の2月8日には、リオ五輪にも出場した女子レスリング日本代表の吉田沙保里さんが、春を感じさせる白の可愛らしいワンピースで登場した。

吉田さんは、「なかなかレッドカーペットを歩くことはないので、とても緊張した。艶ミュージアムは、艶髪のことが詳しく書かれていて興味深く拝見させて頂いた。最初に『髪はほぼ、顔』と書いてあって、髪の手入れには日頃から気を付けているけど顔ほどはやっていないので、髪の大事さを考えさせられた。『濡れた髪』はしっかり乾かすのがいいなど知っている知識もあるが、知らないことも沢山あり、艶(つや)28の全部のことが気になった。艶髪のモナリザの横で写真も撮ったので後でSNSにアップしたい。」とコメントした。

ちなみに吉田さんの後輩の方々は髪を乾かさないそうで、「いつも皆に髪を乾かしなさいと言っている。」そうで、ご本人は「毎日練習の後に2回シャワーを浴びるが、髪が傷むのが嫌なのでしっかり10分くらいの時間をとってドライヤーで乾かします。」と、常に髪のケアには気を付けていると話した。

イベントで吉田さんのスタイリングを担当した資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの計良宏文さんは、「吉田さんは、もともとの髪質がすごく良くて、20代前半の髪の毛のようでさわり心地が良い。今日は可愛らしい印象にスタイリングさせて頂きました。吉田さんの髪は、毛量が多くてたっぷりしているので、髪が濡れた状態の時にブローして毛先の向きを変えていく。吉田さんには、白のダメージケア用が毛先のダメージをおさえてオイルトリートメントで毛先に油分を補えるのでおすすめ。」と、アドバイスした。

吉田さんは、「是非、おすすめの白を使ってみたいですね。限定というのも女性は好き。髪に艶があってサラサラだと気分も上がるし、頑張る気になる。今日は、20代の髪とほめて頂いたので艶髪をずっと続けていけるように美意識をもっていきたい。レスリングもプライベートも、W(ダブル)で頑張ります。」と、笑顔でコメントした。

艶ミュージアム
http://www.shiseido.co.jp/tsubaki/museum/

TSUBAKI ブランドサイト
http://www.shiseido.co.jp/tsubaki/



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top