ネスプレッソ 初の熟成エイジド・コーヒー「SELECTION VINTAGE 2014 (セレクション ヴィンテージ 2014)」 が数量限定発売(3/1より)

SELECTION VINTAGE 2014

味わいと品質を追求し、プレミアムポーションコーヒーのパイオニアとして世界市場をリードする「NESPRESSO (ネスプレッソ)」は、 ブランド初となる、熟成させたコーヒー豆を使用したエイジド・コーヒー「セレクション ヴィンテージ 2014」を2017年3月1日(水)より数量限定で販売した。

ネスプレッソでは毎年、世界中のコーヒー愛飲家にクリエイティブで革新的な“至福のコーヒー体験”を届けるために、世界中から探し求めた希少なコーヒー豆を使用した、数量限定のカプセルコーヒーを発売している。
ネスプレッソは、2017年の数量限定カプセルコーヒー第1弾として、徹底した品質管理のもと、長期間熟成させたコーヒー豆を使用することで作り出される、希少価値が非常に高いエイジド・コーヒー「セレクション ヴィンテージ 2014」を発売。
コーヒー豆の熟成には3年という歳月を重ねており、エイジド・コーヒーの深い新たな味わいを楽しむことができる。
「セレクション ヴィンテージ 2014」は、ネスプレッソのコーヒーエキスパートが実り豊かなコロンビアの高地で栽培されたコーヒー豆を厳選し、2014年に収穫したアラビカ種のコーヒー豆のみを100%使用したコーヒー。3年間熟成させたコーヒー豆を使用したエイジド・コーヒーは、木を想わせる香りと、ベリー系のフルーティーで華やかな香りが 織りなす複雑な味わいに仕上がっている。また上質なチーズや肉、ビネガーと同様に、高度な専門技術で熟成することで、贅沢かつまろやかでビロードのようになめらかな口あたりが特徴のコーヒー。
コーヒー豆を熟成させる倉庫は、コロンビアの標高 3,700 メートル付近にあるコーヒー豆に湿気が吸収されにくい環境に建てられており、時間・酸素量、湿度、光の量や気圧などを徹底して管理する最先端の環境のもとで熟成されている。 さらに、コーヒー豆を保存する袋の保管位置を順次入れ替える、コーヒー豆を保存する袋そのものを交換するなど、理想的な熟成工程を経ている。こうした環境および工程のもとで、歳月を重ね、熟成させたコーヒー豆が、エイジド・コーヒー 「セレクション ヴィンテージ 2014」として生まれ変わった。

発売に先駆け、2月28日にネスプレッソブティック表参道2階のコーヒーエクスペリエンスセンターにて、
「SELECTION VINTAGE 2014」の新作発表会&試飲会が開催された。
ネスレネスプレッソ株式会社アレクサンダー・シュネガー代表取締役社長の挨拶の後、日本で唯一のコーヒーアンバサダー上野里佳氏が、「SELECTION VINTAGE 2014」の特徴を紹介、続いて、テイスティングで参加者は味わいを体験した。
「セレクション ヴィンテージ 2014」は、コロンビアの高地で栽培されたコーヒー豆を厳選し、2014年に収穫した
アラビカ種のコーヒー豆のみを100%使用したコーヒー。
3年間熟成させたコーヒー豆を使用したエイジド・コーヒーは、木を想わせる香りと、ベリー系のフルーティーで
華やかな香りが織りなす複雑な味わいに仕上がっている。ぜひお試しを。

公式サイト▶︎https://www.nespresso.com


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top