大塚製薬が新ブランド「ボディメンテゼリー」を発表、銀メダリスト 飯塚翔太選手がトークショー

13047

大塚製薬は、品川 東京コンファレンスセンターにて「ボディメンテ ゼリー」新製品発表会を4月18日に開催した。

大塚製薬の新ブランドの「ボディメンテゼリー」は、体調を万全に整えるためのコンディショニング栄養食で大塚製薬の独自成分「乳酸菌B240」に加え、タンパク質「BCAA+アルギニン」「ホエイタンパク」を組み合わせ、身体を守るために開発された製品で、4月17日から大塚製薬の公式通販サイト オオツカ・プラスワンで販売開始。

ゼリーに含まれる独自成分の乳酸菌B240は、風邪・インフルエンザの防御にも効果があると言われ、乳酸菌B240を継続摂取することで、健康感が高まり、粘膜免疫を介して防衛体力を高めることで、風邪罹患を抑制する。

また、乳酸菌B240は人にとって防衛体力の重要コンポーネントであり、どのライフステージの方にも様々な生活シーンにおいて、粘膜免疫を介して防衛体力を高める効果があり、風邪ウィルスに効く物資でもあることが様々な研究の成果でわかったという。

アスリート達は、試合に万全の状態で出れるように、日々のトレーニングで身体づくりをするが、トップアスリートであっても体調を崩してしまい、試合本番で敗退、本番で結果が出せない場合がある。

大塚製薬は、試合本番で万全な体調をつくりあげる条件として人の身体を支える「腸」、「身体を守る」役割に着目。

身体を守り、身体をつくる「ボディメンテゼリー」は、運動後の摂取を推奨していて、素早く飲みきれるサイズで容量は100g、90kcalで、賞味期限は9ヵ月もあり、常温保存ができる。クエン酸やビタミンD、ビタミンB6などを含むのでアスリートの食事への影響も少なく、身体のリカバリーとメンテナンスが同時にできるコンディショニング栄養食だ。

また、「ボディメンテゼリー」と、アスリートのコンディショニングの重要性や、日々のコンディションニングの大切さについて、2016年のリオデジャネイロオリンピック 4×100mリレーの銀メダリスト 飯塚翔太選手と、第93回箱根駅伝で12年ぶりのシード権獲得とチームを総合5位に導いた、神奈川大学人間科学部教授/駅伝部監督の大後栄治氏によるトークセッションが行われた。

アスリートは日々繰返しトレーニングを行うため、安全時でも免疫がさがり、減量でも免疫力は低下、常に免疫機能を低下しやすい環境にあり、団体競技ではチーム全体のコンディショニングにも影響する。

大後監督は、「1番多く練習をしたものより、1番しっかり準備が出来たものがチャンピオンになれる。今回の箱根駅伝ではコンディショニングが上手くいったことでしぜんと良い結果がでた。常に選手のコンディショニング管理には気をつけていて、選手の毎日の睡眠や、食事、便通などをチェックしている。また、11月から大塚製薬さんから『ボディメンテゼリー』のサンプルを、選手の約半数の20名に使用させて頂いている。使っている選手は元気で、使っていない選手は胃腸炎などにかかった。よく食べ、よく出し、よく寝れていればインフルエンザやO157にはある程度は防御出来るが、マスクをしたり、靴の裏まで消毒をしてもそれでも感染症は出るので、一人でも感染症の選手が出たら隔離部屋に隔離するなどして気をつけている。箱根駅伝では、コンディショニングで負けたら悔しいが、ベストパフォーマンスで負けたら仕方ないと思っていたが、コンディショニングが良かったために順位が上がった。陸上競技や水泳はコンディショニングが難しい競技で『ボディメンテゼリー』を飲んでいる選手からは、飲んだ次の日にお腹が動いて理想的な排便ができ、腸内環境を整えることでコンディショニングが良いという意見があった。選手は『ボディメンテゼリー』の良さを実感していて、このサプリメントのストックも要求され、使用した選手は体調をくずすことなく、万全な体調で試合にのぞむことが出来た。今後は、オリンピックは夏場ということもあり、普段は大学生が夏に走る大会はないので、八月の暑さ対策として『ボディメンテゼリー』を使って独自の調整法の手助けになればと思う。次の箱根駅伝では、往路・復路のどちらかでトップでゴールするのが目標。国際大会でも実力のある選手が実力を発揮出来ないこともあるので、大事なところでしっかり結果が残せることが大事だと思う。」

飯塚選手は、「陸上はコンディショニングがすぐに出る競技で、体調を崩すとタイムが遅くなる為、身体のコンディショニングにはいつも気をつけている。『ボディメンテゼリー』を1年前から使わせて頂いてから1度も体調を崩していない。『ボディメンテゼリー』は、リオオリンピックにも持参して飲んでいた。」と。

また、ボディメンテゼリーの効果としては、「内臓や腸の状態が良いと内臓が軽くなり、足も軽くなり高く上がるので、『ボディメンテゼリー』を飲んで体調を整えていた。ちょうど飲みやすい量で、練習後にどんなに疲れていても飲めるサイズ。リオオリンピックではコンディショニングが良く、銀メダルを獲得した4×100mリレーでは小学生の頃の運動会の最後のリレーの様にワクワクでき、チームのために自分が何が出来るかを考えて取り組んだ。」というエピソードも語った。

また、「『ボディメンテゼリー』を常にとっていることもあるが、いつも疲れていても疲れていないと思い込み、常にいいイメージを持つようにしている。『ボディメンテゼリー』は、手軽にコンディショニングを整えることが出来るので、アスリートでなくても仕事や大事なシーン、勝負どころで良いパフォーマンスが発揮できるように、是非飲んでほしい。今までは、1年に1回は風邪をひいて練習が出来ない時期があったが、今は体調を崩すことがなく常に練習ができるので、今後は自己ベストの更新や、日本記録の更新などを目標にしていきたい。また世界陸上に向けて、メダリストとしての貫禄を持ちつつ、子供たちと写真を撮るなどして陸上を盛り上げていきたい。また、個人でも決勝に残りたいと思う。」と語った。

オオツカ・プラスワン公式通販サイト
http://www.otsuka-plus1.com/shop/c/c3085/



LINEで送る
Pocket

Top