トップアスリートも愛用のスポーツアパレルブランド【2XU】が日本での本格ビジネスを始動!(6/23)

jamie-hunt

2005年創立のオーストラリア発、人の力を2倍にするスポーツアパレルブランド【2XU】が、日本でのビジネス展開に向け2017年3月28日に日本現地法人を設立。

2017年6月23日(金)に創始者Jamie Hunt(ジェイミー・ハント)を迎え、ビルコム本社にて関係者向けの説明会が開催された。
創始者Jamie Hunt(ジェイミー・ハント)は、ニュージーランドで生まれ育ち13歳~30歳までトライアスロンに情熱を捧げ30以上の国際イベントにてタイトルを獲得。2001年にトライアスロンをリタイアし、2005年にAidan Clarke(エイダン・クラーク)とClyde Davenport(クライド・ダヴェンポート)と共に、人間のパフォーマンスを倍増させる事を目指しスポーツアパレルブランド【2XU】を設立。

【2XU】はの素材は、Jamie Hunt(ジェイミー・ハント)が18年もの歳月をかけナイロン糸とスパンデックス糸を1本の糸にする独自の縦編機を開発し、最も進化したコンプレッション素材を作る事に成功。
この編機によって買った素材の縫い合わせでは無く、糸から作られる2XUの素材は力・軽量・伸縮において最高の機能を持っている。
長年かけて開発された編機は、世界に数台しか無く2XUの社員でさえせも限られた人しか見る事が出来ない。特許もとれる編機だが、Jamie Hunt(ジェイミー・ハント)は、「特許を取る為には、機械の構造を開示する必要がある。その秘密を外部に出したくない為、特許を取らない。」と機械の開発に絶対の自信を持っている。

2XUの生地は、27のステップを踏んでスポーツ用に開発されており、強度も強く軽量である。
2XUをスポーツ開始時に着用する事で血流が促され、早く体が温り余分な筋肉の動きを防ぐ事でケガの頻度を軽減する事が出来る。さらに疲れ・疲労の原因である毒素(尿酸など)も軽減するので、他社の製品よりも疲労の回復が早いともあって世界のトップアスリートも愛用している。
是非、1度ためしてみては?













LINEで送る
Pocket

Top