「ステマ撲滅 T シャツ」を限定発売! インフルエンサーマーケティングの LIDDELL がアパレルブランド「#FR2」と初コラボ

メイン

インフルエンサーマーケティングを行う LIDDELL 株式会社は、アパレルブランド「#FR2」とのコラボレーションTシャツを限定発売する。

同ブランドによる“smoking kills”ロゴTシャツは、メッセージのエッジィさをロゴ化し海外セレブが着用するなどして国内外で人気のアイテムとなっている。今回リデルとのコラボでは“Influencers alive”、 “Stealth marketing kills”という2種のメッセージTシャツを企画、順次販売を開始する。

“Influencers alive”、“Stealth marketing kills”2 つの相反するメッセージに、リデルが込めた強い意志を高感度なファッションとして表現
“Influencers alive”が表現する世界観は、現在スピーディーに変化、進化していくコミュニケーションの在り方をリ ードしているインフルエンサーにフォーカスしたもの。これまでメッセージの発信者は企業やブランド側に限定され、生活者はそれを受け取るのみだったが、インフルエンサーの登場によって個人のコミュニケーションは自在に世界へ発信されるようになった。誰もが昨日までの「普通」が一夜で「普通」ではなくなる可能性を持つ時代に。
“Influencers alive”は「昨日までの自分を越えていこう」、「今に満足せず、常に自分を磨いていこう」、「古い世界観を脱ぎ捨て、前進し続けよう」といった意志を表現している。

インフルエンサーがもたらしたポジティブな影響は好循環を生んでいる。 そしてユーザーらの良識によって調和を得ている。インフルエンサーは自分のフォロワーとの信頼関係を大切にしているからこそ、各コミュニティにおいて影響力を発揮することができる。企業やブランドはそれを活かしてコミュニケーション活動から恩恵を受けているが、この調和を乱し、信頼関係を崩壊させるのがステルスマーケティング。
“Stealth marketing kills”は、「リデルはステマを許さない」という強い意志の宣言であると同時に、インフルエンサーの自覚や倫理観を育成し、さらには企業側の倫理観醸成を狙うメッセージ。
実際、ステルスマーケティングへの認識が浅いことは、企業側・インフルエンサー双方にとって社会的信頼を喪失する「社会的な死」をも意味している。「インフルエンサー」という存在が前向きで世界に開いていくアイコンであり、「ステルスマーケティング」が社会的死を招く存在であることを2種のメッセージTシャツによって発信されている。

人が着る『ヒューマン・ボード』広告だからこそ、こだわったのはファッションとして通じるクオリティ。
「衣食住」のなかで「衣」は人間のみが行ってきた文化。レデルは「インフルエンサー」という「人」にフォーカスし、 人が着用することで『ヒューマン・ボード広告』としてステルスマーケティングをしないことを個人個人が発信してもら うことを願っている。そのため、ファッション感度の高い方々に着用いただけることを重視し、ファッション・ブランド の#FR2に製作を委託した。
なお、期間中はキャンペーン用 Instagram を立ち上げ、メッセージを発信。 (http://www.Instagram.com/s.m.k.i.a/)

■商品概要
Influencers alive T シャツ
ホワイト・ブラック
M サイズ・L サイズ(UNISEX)
5,500 円(税抜)

Stealth marketing kills T
シャツ ホワイト・ブラック
M サイズ・L サイズ(UNISEX)
5,500 円(税抜)

■販売チャネル
〇#FR2オンラインショップ https://fr2.tokyo/
〇#FR2 原宿店 #FR2 福岡店
http://www.Instagram.com/s.m.k.i.a/
<国内最大級のインフルエンサープラットフォーム SPIRIT(スピリット)>
SPIRIT[スピリット]:https://spirit-japan.com/
企業専用 URL:https://spirit-japan.com/register/company/entry インフルエンサー専用 URL:https://spirit-japan.com/register/talent/entry
<インフルエンサーによるソーシャルメディアマネジメントサービス PRST(プロスト)>
PRST[プロスト]:http://liddell.tokyo/prst/
<企業情報>
会社名:リデル株式会社/LIDDELL Inc. 代表者:代表取締役 CEO 福田晃一
本社:東京都渋谷区神宮前三丁目7番5号 青山MSビル9F
事業内容:インフルエンサー及びソーシャルメディアマーケティング事業
◆ブティック オブ インフルエンサー LIDDELL:http://liddell.tokyo/
MAIL:info@liddell.tokyo TEL:03-6432-9806 FAX:03-6432-9807




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top