一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト 2017」が今年も開催!メインプログラム・アーティストに蜷川実花氏

ropponngi art

六本木の街を舞台に、夜通しアートに包まれるイベント「六本木アートナイト 2017」が、2017年9月30日(土)から10月1日(日)の2日間開催される。

「六本木アートナイト」とは、六本木の街を舞台とした一夜限りのアートイベント。現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街中に点在させ、非日常的な一夜限りの体験をすることができる。2009年より始まり、8回目となる今回のテーマは「未来ノマツリ」。

メインプログラム・アーティストに蜷川実花を起用!

縦横無尽の活動で圧倒的な人気を誇る蜷川実花。人気は海外にも拡大、特にアジアの国々では多くのファンを獲得。写真集や、雑誌その他のメディアでの露出はもちろん、台湾、香港、マレーシアなどでは展覧会も開催され多数の観客を集める。

六本木アートナイトでは、今回のテーマである「未来ノマツリ」に共鳴した複数のインスタレーションを計画中で、蜷川実花の真骨頂である強烈かつ独特の色彩感と、蜷川実花が持つ様々なモチーフが存分に展開される予定。

展開場所としては、毎年アートナイトの核として様々なイベントが展開される六本木ヒルズアリーナをはじめとして複数の場所でのアイデアが予定されており、蜷川実花が贈る美しく妖艶な世界に期待が高まる。

<蜷川実花プロフィール>
写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
www.ninamika.com/


東南アジアから注目アーティストも!
「東南アジア・プロジェクト」始動

また、今回は初の試みとして、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストや、現代アートに沸く東南アジアより注目アーティストを招聘して様々な人々と協働しながら作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」も始動。東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと協働して作品を制作、「六本木アートナイト」本番で作品を発表予定。

国内外で活躍する気鋭のアーティストが集結する、夢のような一夜を体感して。


【六本木アートナイト 2017】
日時:2017年9月30日(土)〜10月1日(日)
<コアタイム:9月30日(土)17:27【日没】〜10月1日(日)【日の出】05:36>
*コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯。
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(一部のプログラム及び美術館企画は有料)
主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、港区、六本木アートナイト実行委員会【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】

公式サイト:http://www.roppongiartnight.com
Facebook:https://www.facebook.com/RoppongiArtNight/
Twitter:https://twitter.com/r_artnight
Instagram:https://www.instagram.com/roppongi_art_night_official/

上記画像 左:Photo by Mika Ninagawa


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top