アート、世界をひらく鍵。「TOKYO数奇フェス2017」開催(11/10-11/19)

スクリーンショット 2017-09-18 20.47.24

日比野克彦+海部陽介、大巻伸嗣、橋本和幸ほか、アーティストによるインスタレーションやイベントを開催!

上野恩賜公園を舞台に、アートで日本文化を世界に発信し、開催3日間で32万人強の来場者で賑わった昨年の「TOKYO 数寄フェ ス」。
今年はディレクターも新たに、アートが公園を飛び出して街中にも展開。さらに会期を10日間に延長して開催される。
世界最高水準の文化芸術都市の未来を創出するため、アートのチカラで上野がつくり出した価値を再認識し、公共空間である公園を進化させ、世界とつながり、多様性から生まれる新しい価値を創造しつづける。

『TOKYO 数寄フェス 2017』開催概要

名称 :TOKYO 数寄フェス 2017
期間 :2017(平成29)年11月10日(金)~11月19日(日) 10日間
実施場所 :上野恩賜公園(不忍池一帯、噴水前広場 ほか)、東京国立博物館、東京都美術館、東京文化会館、谷中地域 ほか
参加アーティスト:日比野克彦+海部陽介、大巻伸嗣、橋本和幸、鈴木太朗 ほか(順不同)
ディレクター :住友文彦(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科准教授・アーツ前橋館長)
主催 :上野「文化の杜」新構想実行委員会
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援 :東京都東部公園緑地事務所
協賛 :株式会社伊藤園、株式会社ぐるなび、株式会社 NKB、公益財団法人日本交通文化協会、株式会社精養軒
✳平成29年度 文化庁文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
✳平成29年度 台東区上野「文化の杜」新構想事業

公式ウェブサイト :http://sukifes.tokyo/
公式 Facebook :https://www.facebook.com/sukifes.tokyo/

『TOKYO 数寄フェス』とは

1876(明治9)年5月に日本初の公園として上野恩賜公園が開園して以来、博物館、美術館、芸術大学、動物園、音楽ホールなど 多くの重要な文化施設が一つの公園一帯に集まり、世界でも類を見ない文化芸術拠点が集中するエリアとして発展してきた上野。
この地に関わりのある機関・団体が相互に協力し、「上野文化の杜」という連携組織を作り、日本文化と芸術を国内外へ発信する様々なプロジェクトを展開しています。その活動の一環として、昨年10月『TOKYO 数寄フェス』 を上野で3日間にわたって開催しました。
近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心が茶の湯の文化を通して日本の文化芸術の精神を紹介した『茶の本』の思想を 背景とし、上野恩賜公園敷地内に広がる様々な文化施設を舞台に、天心が同書で語った《数寄》という言葉を軸にアート作品やワークショップ、コンサートを展開。 日本や東京を「数寄(=好き)」になるコンテンツを、32万人が体感しました。

ディレクターからのメッセージ

上野で、何かが蠢いている。
歴史の地層が積み重なり、ミュージアムや大学が集積しているこの地に刻まれた時間の垂直軸に、横から揺さぶりをかけている者たちがい る。それは展示室やアトリエを飛び出したアーティストたちである。この感性を形にする者は、AI万能時代を生き抜く能力を持ち、他の人 たちが見ていないものを見ることができるだろう。彼らがおそらく世界でも稀なほど濃密な「公共空間」を切り裂く、作品の設置やプロジェクト の実施を今年もおこなう。今年は、昨年の3日間のイベントが10日間の作品設置になり、かつ上野公園を出て谷中地区で海外の若 手アーティストや地域との協働をおこなう。それは、上野の文化ポテンシャルと新しい創造力が結びつく試みになるはずだ。
かつてグローバル化の荒波が押し寄せた日本から、独自の文化を発信した岡倉天心は茶の湯を取り上げた。その著作の中で、「真の美は ただ『不完全』を心の中に完成する人によってのみ見いだされる。人生と芸術の力強いところはその発達の可能性に存し、この『不完全』を 真摯に静観してこそ、東西相会して互いに慰めることができるであろう。」と茶の湯が持つ国際性を強く主張した。
「数寄」という言葉に込め られた創造性を今いちど噛みしめつつ、ポストオリンピックの文化発信を考える時期がそろそろ来ている。
住友 文彦
東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科准教授 ・ アーツ前橋館長
1971 年生まれ。
あいちトリエンナーレ 2013、メディア・シティ・ソウル 2010(ソウル市美術館)の
共同キュレーター。NPO 法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)創立メンバー。
展覧会=「Possible Futures:アート&テクノロジー過去と未来」展(ICC、東京、2005)
「川俣正[通路]」(東京都現代美術館、東京、2008)ヨコハマ国際映像祭 2009 ほか。

『数寄』について

「数寄」はもともと「好き」の同意語で、風流・風雅に心を寄せること。「数寄者」とは、室町時代には和歌や連歌を好む人をさしたが、安土桃山時代にわび茶が流行し、茶人をさす言葉になります。その後、茶室を「数寄屋」と呼ぶようになり、「好き家」、「空き家」ともあてられます。 上野を中心に日本の文化芸術を世界に発信した岡倉天心は『茶の本』のなかで「茶室」を、人それぞれ好みの詩趣を宿す「好き家」、美的感情を満たすために置くものの他は、一切の装飾を施さない「空き家」、そして不完全を尊び故意に仕上げず、見る者の想像の働きで これを完成させる「数奇屋」と解説しています。そこは富の誇示するような過剰な美はなく、簡素にして謙虚、静寂にして清潔、大名も庶民も分け隔てなく美を崇めることに集中できる仮の家であり、ありきたりの材料や均斉のとれていない配置に美を見出す自由な美意識が展開する場です。そして、人の「好き」は人それぞれであり、「数寄」は人の数だけ存在します。この『TOKYO 数寄フェス』を通して、自由で広がりのある「数寄」という美意識を日本特有の伝統的な美意識として世界に広く伝えたいと考えています。




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top