さりげないラグジュアリー「CHAN LUU(チャン・ルー)」からブランド初ゴールドジュエリー登場

chan luu

ロサンゼルスを拠点とするジュエリーブランド「CHANLUU(チャン・ルー)」が、エスニカルからコンテンポラリーなイメージに転換し、新ジュエリーコレクション“HIGHLINE(ハイライン)”を2017年AWシーズンに発表した。

“HIGHLINE(ハイライン)”は、ブランド初となる14Kやダイヤを用いた、温もりを感じるゴールドジュエリーを展開。既存コレクション同様、すべて熟練したクラフトマンによるハンドメイドだ。クラフト感や温もりを表現するため、ダイヤを輪切りにしたスライスダイヤや、細かく砕いたシャンパンダイヤなど、あえてのラフカットで“CHANLUUらしさ”を表現。また、チェーン部分も独自の開発で編みこまれ、身のこなしにあわせて微細にきらめくようなデザイン。

本国アメリカでは日本に先駆け、ロサンゼルスのセンチュリーシティ旗艦店にて取り扱いをスタート。ラスティックでありながらモダンなデザインが早くもセレブたちの支持を集めている。日本では10月にオープンした表参道フラッグシップストアを皮切りに、東武百貨店池袋店、小田急百貨店新宿店にて展開。12月には大丸百貨店神戸店にて関西初となる期間限定販売を行う。今後も徐々に取扱店舗が増える予定とのこと。

【CHAN LUU】
1996年にデザイナーであるチャン・ルーによって設立。ハンドクラフトプロダクトを主軸とした、グローバルなコンテンポラリーファッションブランド。2017年AWシーズンより、実の姪であるテッサ・トラン(TESSA TRAN)がクリエイティブディレクターに就任し、新しいCHAN LUU のコレクションをクリエイト。そしてチャン自身は、ファウンダーとしてより大きなビジョンを持ってブランドを牽引し、新しいコレクションとなる「High Line」では、テッサとともにデザイナーとしてのあたらしい世界にもチャレンジしている。


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top