「十勝大平牛」の赤身各部位を「きちんと食べきる」がテーマのクックハウス「ペコシセ」がオープン

27260

北海道十勝の豊かな自然の中で育った「十勝大平牛」を、道内やタイで展開する株式会社大平畜産工業は、同社経営の「大平牧場」内で、自家産無農薬有機肥料を使用した牧草で育てた「十勝大平牛」の赤身各部位を「きちんと食べきる」ことをテーマとしたクックハウス「PEKO CISE (ペコシセ)」を11月22日奥渋谷にて、都内初出店した。

店名に掲げている「PEKO」と「CISE」は、アイヌ語で「牛」と「家」の意味。多くの人がテーブルを囲んで食事を楽しみながら、“心地良い場所”になるようにという願いを込めて名付けたそう。“畜産のきもち”を体現し、生産者から流通までのプロセスや想いを理解し、料理に落とし込んでいける拠点という目的も込めて、クックハウス(独立した調理場)とした。

オリジナルの薪窯でじっくりと焼き上げた「十勝大平牛の薪窯焼き」や、心地よさを感じる「十勝大平牛ヒレカツレツ」をはじめ、シンプルなボロネーゼやポテトサラダなど、懐かしさのなかにモダンアレンジを加えたメニューを提案。

なかでも、”宝石のようなステーキとハンバーグ、” ジュエルバーグとジュエルミートは、北海道・十勝地方の郷土料理の「豚丼」から、ローストした香ばしい香りと独特の照り感、甘辛い味付けをPEKO CISE風にアレンジしたオリジナルメニュー。水あめとカラメルを混ぜたジュエルソースでローストしたヒレ肉と小さなハンバーグをコーティング、琥珀色のビジュアルにナイフを入れると宝石が崩れるようにパリッという音が。赤ワイントリュフ、赤パプリカ、パセリとマスタードの3種のカラフルなソースと、マッシュポテトに合わせていただく。『最高にちょうどいい十勝太平牛』を、是非皆さんも一度ためしてみては。


「十勝大平牛」とは?

父が黒毛和種、母がホルスタインの交雑種の牛で、脂肪と赤身のバランスが良く、キメ細かい繊維と濃厚な味わいが特長であり、うまみ・肉質・価格すべてが最高にちょうどいい万能な銘柄牛。

※黒毛和種
国内で飼育されている和牛の90%以上を占めている黒色の毛やひづめが特徴の牛を示す。脂肪交雑(サシ・霜降り)、肉の色沢、きめ細かさなど肉質が優れた遺伝的特性を持つ。

PEKO CISE Tokachi Ohira Kitchen
東京都渋谷区神山町4-18 フィルトップ渋谷神山町1・2階




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top