ICE-WATCHよりインダストリアルデザイナーが描く流線。 ケースとベルト一体型のクロノグラフが誕生

Pierre-Leclercq-GROUP

株式会社ビヨンクールが日本総代理店を務めるベルギー発のファッションウォッチブランド「アイスウォッチ(ICE-WATCH)」が、ドイツの自動車メーカー「BMW」で数々のカーデザインを手がけたピエール・ルクレ氏をデザイナーに迎え、ケースとベルト一体型のクロノグラフモデル【 Pierre Leclercq (ピエール・ルクレ) 】をリリースする。

ルクレ氏は2000年から2012年までの間、BMW社において先進的で高性能な新型車を多数デザイン。「BMWが発案した、全く新しいカテゴリーの自動車である」と称される「X5」「X6」や、モータースポーツカーのスペックを取り入れた最高級ライン「Mシリーズ」を主に担当した。カラーバリエーションで魅せるアイスウォッチのアイデンティティはそのままに、デザイン工学から生み出されるシリコンラバーベルトは、美しい曲線美を描き驚くほどしなやかに手首にフィットする。
ベルトには凹凸をつけ、表裏異なるバイカラーでスポーティーさをプラス。 カラーに沿った2色のベルトループも付属する。クロノグラフをベースに、立体的なインデックスやこだわりの配色で視認性を高めたスタイリッシュなハンズ (針)、風防にはドームガラスを採用し、高級感のあるデザインに。インナーベゼルとインナーリングを2段階で斜めに落とすことで、レーシングカーのホイールから着想した奥ゆきのあるフェイスデザインが完成した。
49mmのビッグフェイスにも関わらず、ストレスを感じさせない軽量感と着用感が、様々なアクティブシーンにぴったりなコレクション。10気圧 防水。全8色展開。ラージサイズ(46.5mm)。
1月19日(金)より全国の直営店、取扱店及びオンラインショップで発売開始。

Pierre Leclercq Large(46.5mm) ¥20,000(+tax)
公式サイト▶︎https://www.ice-watch.com/

– Pierre Leclercq (ピエール・ルクレ) –
アイスウォッチが誕生した、バストーニュ(ベル ギー)の出身。Pierre-Leclercq
アートセンター・カレッジ・オブ・デ ザイン(米カリフォルニア州)を卒業後、2000年に BMW米国デザインスタジオ(米ロサンゼルス)に入社。 2004年にSUVモデルの「X5」(第2世代)と「X6」 (第1世代)を相次いでデザイン。 2011年からは BMWの高性能ブランド「Mシリーズ」の総括デザイナーに異動し、「M」「M4」「X5M」「X6M」など のデザインを担当した。
2013年に長城汽車(中国)のデザイン総括に席を移し、 数十種に及ぶデザインプロジェクトを進めた。
2017年9月、起亜自動車にスカウトされ、スターデザイナーとして着任。米国・中国・西欧の世界3大自動車市場のすべてを経験した、業界で注目のデザイナー。




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top