【Gap】スケートウェアレーベル Diaspora skateboards(ディアスポラ スケートボーズ)との限定コレクションを今年も発売!(3/3)

gap_harajuku

Gapと東京のスケートウェアレーベル Diaspora skateboards (ディアスポラ スケートボーズ)との限定コレクションが、Gapフラッグシップ原宿にて3月3日(土)より発売される。

Gapは、2018年春、ロゴをテーマにしたカプセルコレクション『Logo Remix Collection(ロゴ・リミックス・コレクション)』をローンチ。このグローバルキャンペーンに併せ、今回Diaspora skateboards (ディアスポラ スケートボーズ)との
エクスクルーシブアイテムを発表。両者がタッグを組むのは、昨年の春、夏に続き3シーズン目となる。過去の発売では、ローンチ前から大きな話題を生み、オープン直後には完売するほど。



3シーズン目となる今回は、『Logo Remix Collection』傘の元、両者のブランドロゴを随所に“リミックス”したアイテムを展開。
アーチロゴをモチーフとしたプリントTeeに、Old Gapでも高い人気の誇る、オーバーサイズのラインクルーネックにも、両者のロゴが刺繍で組み込まれ、ガーメントダイと共に幅広いカラーウェイで展開。スタンダードなジョガーパンツには、随所に両者のブランドロゴが散りばめられ、再構築されたデザインされている。また、Diaspora skateboardsの代表的デザインであるMagic Circle(マジック・サークル)を採用したワークシャツは、本コラボを象徴するロゴデザインである、“DSP BLUE BOX LOGO”のピンズが付属。“DSP BLUE BOX LOGO”は、キルティングジャケットにも採用。フロントのスクリプトロゴ刺繍と共に、バックに大胆にパッチされている。

また、本コレクションのルックブックには、MCやDJ、トラックメーカーもこなす日本のHIP HOP界で最も注目されるアーティストのひとり、KID FRESINO(キッド・フレシノ)を起用。

「Gap×Diaspora skateboards Drop.3」
発売日:2018年3月3日(土)
場所:Gap フラッグシップ原宿
03-5786-9200

Diaspora skateboards
東京を拠点に活動するスケートウェアレーベル。不定期に発表するショートフィルムには、“Fla$hBackS”、“16FLIP”などのビートメイカー/アーティストが楽曲を提供。さらにレコードレーベル“JAZZY SPORT”とのコラボマーチャンダイズのリリースや、“KID FRESINO”、“ISSUGI”らといったアーティストのミュージックビデオ制作も行うなど、国内のヒップホップ/ビートシーンとも密接に繋がっている。


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top