日仏友好160周年パリ空港イベントにパリのスターシェフ、ティエリー・マルクスと空港代表が緊急来日!

4923

今年で日仏友好160周年を迎えた日本とフランスの空の玄関口であるパリ空港は、パリならではのショッピング、グルメ、カルチャーが楽しめる「観光地」を目指している。

空港内でもフランスのグルメを楽しめるよう、各国際線ターミナルにミシュラン星付きレストランを1店舗以上オープンし、2020年までに8人のミシュランスター・シェフのお店を誘致する計画を進めている。

今回は、ミシュランスター・シェフで「レジオンドヌール勲章」も受賞したティエリー・マルクス氏が、日仏グルメ文化を融合させたレストラン「Teppan(テッパン)」を、今年4月に新たにパリ空港内のターミナル1にオープンする。3月20日には、銀座ビストロ・マルクスにて発表会・試食会を開催し、オーナーシェフのマルクス氏も登壇。パリ空港グローバル新規顧客開拓部 部長:セシル-カッサーニュさんによるプレゼンテーションと、マルクス氏による鉄板焼料理のデモンストレーションが行われ、フランス大使館からはジョアンヴァラドゥ参事官も来場した。
4924
パリ空港は、パリらしさを凝縮した観光地「21区(現在パリ行政区は20区まで)」として、お客様が観光地として訪れる場所となるようファッション、グルメ、アートなどパリのエッセンスを紹介。シャルル・ド・ゴール空港内には入場無料のEspace Musées(エスパス・ミュゼ)と呼ばれる美術館があり、ロダンやピカソなどの作品も展示されることも。また、ファッションでは390店舗、1000以上のブランドがあり、1900人の多言語スタッフと26人の日本語対応スタッフが常駐する。また2021年には41,400㎡のブティックとレストランをリニューアル予定で、その中には55の高級店も含まれるそう。空港内の「ラデュレ」は22店舗(シャルル・ド・ゴール空港とオルリー空港)もあり(パリ市内には7店舗のみ)、マカロンはパリ空港内での売上が1番多く、毎年800万個以上のマカロンを販売。また「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」では、年間300種類の試作品の中から15種類だけを空港のために製品化するなど、空港限定の商品の販売も行っている。
4927
マルクス氏は大の親日家で、フレンチ「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三シェフとの親交もあるそう。「鉄板焼は、お客様の目の前で調理ができるのがメリット。市場から良い食材を選び、なるべくシンプルに元の素材の味を残したまま調理をすることが大事。鉄板焼は、調理時間も短くて空港のように時間の制約があるお客様に素早く料理を提供できる。」と、コメント。実際にメインの魚料理を7分、スイーツを5分で調理から盛り付けまで素早く完成させた。また「皆さんにフランスでの感動を味わって頂けるのが今回の試み。日本とフランスが融合する料理は、それぞれのテロール(土壌)を守り調理をすることだ。」と語られた。
また発表会後は、ビストロ・マルクスのお料理やワインが振るまわれ、来場者はパーティを楽しんでいた。




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top