M&Mがインテリアデザイン、HUKUMIKAによる衣類の販売等を行うカルチャー発信基地的ヘアサロン「aDALil」オープン(10/15)

ヘアスタイルの提案、カルチャーの発信、地域活性化を目的とした地域密着型のヘアサロン「aDALil」が川越に新オープン。


クリエイティブディレクションに華道家集団 plantica大栗忠久、店舗の空間設計をANYNAL、インテリアデザインをM&Mが担当。
サロン内にはセレクトショップ「HUKUMIKA」による衣類販売も。

株式会社 curious 代表取締役:波塚俊介は新規事業として2018年10月15日にヘアサロン「aDALil」を新オープンする。
aDALil ではヘアスタイルの提案だけではなく、出店先でもある川越の地域活性化やファッション、アート、音楽等のカルチャーの発信を目的とし様々なプロジェクトを始動させる。

■川越にオープンする理由
オーナーを務める波塚氏は埼玉県出身で東武東上線沿線在住だったと言う事もあり、 学生時代の多くの時間を川越にて過ごしてきた。
当時より川越は古着屋、ショップなどが多くカルチャーの発信地でもあり友人との溜まり場、遊び場になっていた。そんな青春時代を過ごし年齢を重ねた今、偶然にも運命的な出会いをする事となる。それは学生時代に足繁く通いつめたスニーカーショップ跡地のテナント物件との出会い。この出会いをきっかけに「aDALil」のオープンが決定した。

■ヘアサロン「aDALil」とは
ヘアスタイルの提案だけではなく、川越と言う土地の魅力を合わせ発信していく事で地域の活性やカルチャーの発信を行っていく。当時の川越での実体験をリアレンジし一般的な意味合いでの「ストリート」ではなく、その土地の風土やイメージ、 キャラクター的な意味合いと意味付けし、「ストリート=地元」をコンセプトにサロン作りを行っていく。

今回のサロンに関しては同じく川越で青春時代を過ごした華道家集団 plantica 大栗忠 久氏をクリエイティブディレクターに迎え、店舗の空間設計を ANYNAL、インテリア デザインを M&M が担当しており、店舗内装部分では波塚氏自身が当時の川越で過ごした当時の時間や空気から感じたカルチャーをインスピレーションに、お店を表すキーワードでもある「ストリート」を表現すべくスケートボードのランプをイメージした内装デザインを施している。また、aDALilはヘアサロンとしての機能だけではなく、 セレクトショップ「HUKUMIKA」によるファッションブランドのセレクト販売も行っており、コンセプト通りカルチャーの発信を行っていく為のコンセプトサロンとなる。
Processed with VSCO with hb2 preset
■店舗情報
店舗名:DALil
場所:〒350-0043 埼玉県川越市新富町2-16-7SKビル1F
オープン日:2018年10月15日

問い合わせ先 :
Tel 049–298-6472 / Fax 049−298-6473
営業時間:平日 11:00〜21:00 / 土日祝 10:00〜20:00
定休日:月曜

■ショップコンセプト
aDALil とは add a little 少し加える / add a lit 酔う / DAL 分け合う(サンスクリット語 源) から構成する造語。
5つの “a little”を仲間に supply する場所です。
「髪を切る 」 「服を着る 」「住を彩る」「人と会う」「皆が集う」 その時、欲してる ” a little “をこの場で探したり、分け合ったり、それぞれの考え方を 共有しあって新しい aDALil を構築して行けるそんな場所を目指しております。

■クリエイタークレジット
クリエイティブディレクター : 大栗忠久
空間設計 : ANYNAL
インテリア : M&M
ファッション : HUKUMIKA
グラフィック : MHAK



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top