coen(コーエン)が2019年春夏シーズンより”都会”や“ユース”をキーワードにユースマインドを持った世代に向けて新たな提案を⾏う新カテゴリ 「UTILITY LINE(ユーティリティ・ライン)」を始動

「気軽におしゃれを楽しもう」をコンセプトとするブランドcoen(コーエン)は、2019年春夏シーズンから”都会”や“ユース”をキーワードにユースマインドを持った世代に向けて新たな提案を⾏う新カテゴリ「UTILITY LINE(ユーティリティ・ライン)」をメンズ部門より始動。




これまでコーエンが育んできた”西海岸”や”アメリカ”といったキーワードとは異なり、”都会”や“ユース”といったエッセンスを強く意識したクリエーションを展開。アイテムは、アウターやシャツ、ベスト、カットソー類、チノやショーツなどがラインナップ。誰もがワードロープに備えている普遍的な服が、⽣地やシルエット、そしてディテールなどにギミックをプラスすることで都市⽣活で必要な機能を与え、これまでコーエンになかったアクティブで、エッジの効いたアイテムを創造した。アウターには撥⽔機能を搭載したモデルがエントリー。肩周りのパターンを⾒直し、シーム数を減らすことで⽔の侵⼊を防ぐ設計となっている。⼀⾒すると普通のテーパードチノに⾒えるパンツは、⽣地に「クールマックス®オールシーズン テクノロジー」を使⽤し機能的なアイテムへと昇華。カットソー類はユーモアの効いたさまざまなグラフィックがプリントされ、ストリート⾊を感じるデザインが特徴。⾊使いは、これまでのコーエンではあまり⾒られなかったブラックを主軸に、都会的で研ぎ澄まされたイメージに仕上げ、シルエットはどのアイテムもゆったりとさせ、ユースマインドが強く反映された現代のファッションに通ずるラインナップで展開していく。価格帯は、通常のコーエンと同じプライスゾーンに設定され、ネームタグを異なるものを使用することで差別化を図っていく。本シリーズのデリバリーは、2019年2月19日(火)よりECにてスタート。2月中旬より、コーエンの主要店舗にてポップアップも行い、今回の新たな試みを訴求していく。コーエンの新カテゴリ「UTILITY LINE」を、お見逃しなく。

coen UTILITY LINE

2019年2月19日(火) ECにてスタート
【コーエン ユーティリティ・ライン ポップアップショップ展開店舗】コーエン 新宿店、川崎店、みなとみらい店、札幌店、⻄宮店、越⾕店
コーエン https://www.coen.co.jp
コーエン ユーティリティ・ライン https://www.coen.co.jp/feature/20190201UTILITYLINE2019SS/index.html


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top