国内最大級の野外ファッションフェス「BE Vint-Age」に斎藤工ら登壇(10/19)

国内最大級の野外ファッションフェス「BE Vint-Age」が代々木公園で10月19日に開催され、映画「MANRIKI(11月29日公開)」のコラボステージに、俳優の斎藤工さん、芸人の永野さんが登壇し、映画のキャストとともにランウェイを歩きました。



「MANRIKI」は、斎藤さんが主演、本名の齋藤工で企画・プロデュース、永野さんは原作・脚本・プロデュースを担当。監督は清⽔康彦さん、他に劇団EXILE SWAYさん、⾦⼦ノブアキさんなどが出演。本作品は、永野さんがファッションイベントにゲスト出演した時に感じた違和感から着想した原案・原作を映像化したもの。

斎藤さんはフラッシュ撮影をするとポケット部分に幽霊画像が出るリフレクターつきの黒のジャケットと、白いシャツを頭からかぶる不思議な衣装、永野さんはスーパーマンの衣装と頭の上に人形の首をつけてイベントに登場。イベントは、「ファッショナブルハロウィン」がテーマで、他のキャストもほぼドン・キホーテでこの日の衣装を調達したとのこと。

斎藤さんは、「今日は日本のストレス社会や、過度な肩こりの象徴をイメージして服を着ました。」と衣装について話し、永野さんは、「ファッションショーで、小顔矯正や小顔マッサージに真剣なモデルを見て、いっそ顔を万力で締めたらどうかと思って。」と、制作のきっかけを語りました。

また「MANRIKI」は、公式SNSフォロワー1万人行かないと上映中止キャンペーンを開催中で、フォローワーが1万人に達成しないと映画が上映中止になる可能性も。イベント前には会場の代々木公園で、斎藤さんと永野さんは映画チラシの配布を行っていたそう。

斎藤さんは、「永野さんの世界観は今まで見たことがなく、日本のみならず世界に通用する面白いものができると思った。映画制作には3年かかったので、満足がいく内容の作品ができた。」と語り、また「MANRIKI」は、海外の評判が良いそうで、「海外でのリアクションがめちゃくちゃよくて。もともと海外に向けてつくった映画でもあり、韓国のプチョンで行われた映画祭のワールドプレミアで作品を初上映し、そこで大きな賞を頂いたり、海外で戦いながら、日本の皆さんに映画を届けたいと思っているとこであります。」と。

永野さんは、「とにかく映画が公開出来ないと皆さんにも見て頂けないし意味がないから、公式SNSのInstagramやTwitterを皆さんに是非フォローしていただきたい。映画はかなり面白くて今まで見たことがないようなショッキングな内容になっているので、刺激的な経験ができると思う。是非映画を公開してほしい。」と、映画をアピールしました。



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top