京都発のRAINMAKERが京都の「和久傳」が展開する「紫野和久傳」のユニフォームを製作

京都発のRAINMAKERが、美食家で知らない人はいないほどの名店であり、京都を代表する料亭のひとつとして数えられる「和久傳(わくでん)」が展開する「紫野和久傳」のユニフォームを製作しました。




10月より採用された本ユニフォームは、ジャケットやコートのような洋装のアウトラインを持ちながら、着物を思わせるゆとりのある袖やパターンを採用。
また上襟のないラペルは伝統や威厳を守りながらも、自由であることを象徴しており、従業員の意見も取り入れながら、日常の業務に耐えうる機能性や耐久性も考慮し作製されています。

公式サイト http://www.rainmaker-kyoto.com




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top