スタイリスト 山本マナによる10年ぶりとなる作品展「Cześć= Hello」が表参道ROCKETで開催

ファッション誌や広告、カタログなどで幅広くスタイリングを手がけるスタイリスト山本マナによる10年ぶりとなる作品展「Cześć= Hello」を開催します。





本展では、彼女が信頼を寄せる、ポーランドを拠点に活動する写真家LukaszWierzbowski、数多くのファッション誌や広告を飾り、近年は女優としても活動するモデルのモトーラ世理奈とともに、「写真」「スタイリング」「モデル」それぞれの目線をひとつの感覚に集約した視覚表現が出来ないか、という考えのもと2年の歳月をかけ、ヴロツワフ、ベルリン、東京で撮影した写真作品を展示。また本展のビジュアルをまとめた特別フォトブックを数量限定で販売します。

写真家が切り取る瞬間の中にある美しさやユーモア、モデルが放つ不思議な存在感、そして服の存在とモデルの魅力を伝えるスタイリング、その全てによって表現された唯一無二の世界観をぜひご覧ください。

タイトル:「Cześć= Hello」
会期:2019年12月6日(金)~12月11日(水)<会期中無休・入場無料>
時間:11:00~21:00<12月11日(水)~18:00>
場所:表参道ROCKET東京都渋谷区神宮前4-12-10
表参道ヒルズ同潤館3F
電話:03-6434-9059URL:http://www.rocket-jp.com

【profile】
山本マナ
数々の雑誌、広告、カタログなどで幅広くスタリングを手がける。2009年に初の作品展「pleasureland」を開催。2014年にKBFPAPER特別編集版「THESURGE」をディレクション。写真家LukaszWierzbowskiと出会うきっかけとなった雑誌「LulaJAPAN」では創刊から関わり海外フォトグラファーと共に世界観をつくり出している。
HP:http://www.manayamamoto.net/
Instagram:@mana.snow

LukaszWierzbowski
ポーランド・ヴロツワフを拠点に活動するフォトグラファー。歯科医、心理学者になるため勉学に励んでいたが、独学で写真を学び、フォトグラファーに転向。これまでに世界各国でエキシビションを行い、写真集も出版されると瞬く間に完売するなど、その世界観は多くの人々を魅了して止まない。マガジンやブランドとのコラボレーション等、多岐にわたり活躍している。
Instagram:@lukasz_wierzbowski

モトーラ世理奈
1998年東京生まれ。2015年に装苑にてモデルデビューし、数多くのファッション誌、アパレル広告を飾る。2018年に「少女邂逅」で女優デビューし、2019年は「おいしい家族」、「ブラック校則」に出演。2020年には主演の「風の電話」(1/24公開)、「恋恋豆花」(2月公開)の公開が控える。
Instagram:@sereeeenam


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top