高品質な“遠近両用レンズ”の翌日納品を実現する新サービス「24G」を2月10日から開始! アンバサダーにお笑い芸人のダンディ坂野を起用!

株式会社三城ホールディングス (以下「三城 HDJ)の子会社、株式会社三城は、イスラエル SHAMIR 社との業務提携に伴い、SHAMIR 社の日本での初の展開となるイスラエルの最先端技術を導入した新サービス 「24G」 (トゥエンティー·フォー· ジー) を2月10日から開始します。



遠近両用メガネは、できるまでに時間がかかるという常識を覆すのが「24G」のサービス。 世界の光学テクノロジーをリードするSHAMIR 社とのコラボレーションで、 従来は1週間程の納期を、3時間の最速仕上げ、翌日配送という今までにない納品スピードを実現。また、遠近両用、 近視乱視、 遠視用レンズ、ブルーライトカット、 偏光レンズなども翌日納品が可能になります。
「24G」のレンズは、SHAMIR 社の世界最高峰のテクノロジーと品質に加え、厳しい日本基準に合わせてカスタマイズ。眼鏡レンズに対して、繊細なニーズをもつお客様がほしいと思うメガネのプロデュースをめざします。

日本では、海外工場での一括加工が一般的ですが、この新サービスでは、東京の葛西にラボを置き、完全受注生産でレンズを加工。日本製のフレームに統一したプライベートブランドの商品展開「Made in JAPAN project」とあわせて、お客様がメガネに対して求める繊細で高い品質を実現するサービスです。

従来は、納期が1週間以上かかっていた遠近両用レンズを24時間で翌日に納品できるので、旅行前にすぐほしい、使用していた眼鏡が壊れてしまったなど、お客様のニーズに合わせたサービスが可能。トップメーカーのスポーツサングラスなど、メーカー加工で1週間以上かかっていたものでもラボにて加工、翌々日にはお届けが可能です。(※ラボへのフレーム配送に1日、加工~お届けに1日かかります。※形状により対応できないものもあります。)

最先端の技術で高性能な眼鏡レンズ設計を手がけるSHAMIR社が開発した、高性能特注眼鏡レンズの翌日納品サービスを日本国内で展開する独占的権利を三城が取得し、日本市場に向けて共同開発を進めてきました。

新サービス発表会に登壇した三城 HDJ 代表取締役社長 澤田将広氏は、「30年ほど前に遠近両用レンズの翌日納品サービスをテスト導入したことがあり、 当時は日本のお客様のニーズに合うレンズを提供することができませんでした。このサービスは、私達の30年越しの思いが実現したもの。 超高齢社会を迎え、今後活況を呈していくことが予想される遠近両用レンズの世界に、新しい価値と快適さをお伝えしていきたいと思います。」と語りました。

■24Gのサービス対象店舗
パリミキ渋谷店、パリミキ新宿マルイメンズ店、パリミキ原宿店、パリミキ錦糸町店、パリミキ自由が丘店、OPTIQUE PARIS MIKI 品川プリンス、パリミキ阪急メンズ東京 EYE WEAR BY PARIS MIKIなどの36店舗で2月10日からサービスを開始、順次拡大予定。

■価格:単焦点レンズ3万円~(税抜) :遠近両用レンズ4万円~(税抜)



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top