「美少女戦士セーラームーン展」開催。オープニングセレモニーに若槻千夏さん

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、2016年4月16日(土)から6月19日(日)まで、「美少女戦士セーラームーン展」を開催。90年代に一世を風靡した大人気作『美少女戦士セーラームーン』初の展覧会です。



4月15日にはオープニングセレモニーを実施。
作品に登場する麻布十番や東京タワーを一望できる空間を作品内に登場する象徴的な建物“ムーンキャッスル”に見立てたエントランス、 500 点以上にのぼるグッズを展示したセーラームーンの「博物館」と呼べるエリア、美しいカラー原画30点以上が展示されています。

オープニングセレモニーには、かねてからセーラームーンの大ファンという、若槻千夏さんが全身ピンクのかわいい衣装で登場。

若槻さんは、「セーラームーンは小学校の時から大好きで、子供の頃はセーラービーナスがお気にいりでしたが、大人になってからはドジでうっかりでピュアな所が自分と似ているので『月野うさぎちゃん』が好きです‼。今日は髪形もセーラームーン風にして、ピンクの衣装にあわせてネイルもピンクにしてもらいました~!。」と笑顔でコメント。

イベント前に内覧会を皆さんより一足お先に見学してきたという若槻さんは、「セーラームーン展には、当時、”セーラームーン”を連載していた雑誌の『なかよし』中で、私が集めていた雑誌の付録や、自転車などの遊具、海外物販まで展示されていて、3、4周しないと全て見れないと思うくらい内容が濃くて、お土産コーナーも充実しています。グッズももっと買いたかったです!。ドンズバのセーラームーン世代の30代の方にはもちろん、10代や20代の方にも、セーラームーンを見てもらいたいです‼。」と語っていました。

若月さんオススメのセーラームーン展の作品は、「先生が描かれた絵の原画」だそうで、「凄く繊細で綺麗にな原画なので、是非皆さんも見て目に焼き付けて帰ってほしいと思う。」とコメントした。

公式サイト▶︎http://www.roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/





LINEで送る
Pocket

関連記事

Top