1996年に登場したReebokランニングシューズ「INTERVAL」が初復刻!発売年にちなみ、全世界1996足限定で2019年7月19日(金)発売

リーボックは歴代の名作を中心に展開するライン“ReebokCLASSIC”で、人気モデル「INTERVAL」を1996足限定で復刻し発売します。




グローバルフィットネスブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“ReebokCLASSIC(リーボッククラシック)”において、1996年にランニングシューズとして登場し、星条旗カラーの“ベクターロゴ”で世界中を席巻した人気モデル「INTERVAL(インターバル)」を、発売年の1996年にちなみ、全世界1996足限定で2019年7月19日(金)に初めて復刻し、発売します。
■「INTERVAL」について
「INTERVAL」は、1996年夏、国際的スポーツにおけるリーボックの取り組みの一環として登場し、その機能性や競技結果から、トップアスリートや一般消費者の間で大ブレイクしたモデルです。発売の翌年には、スムースレザーのアッパーモデルや、豊富なカラーコンビネーションなど、様々なバリエーションが続々と追加発売され、リーボックのランニングカテゴリーにおいて代表的なモデルとなりました。また、パフォーマンスシーンはもちろんのこと、ストリートファッション誌でも頻繁に取り上げられ、ファッションアイテムとしても人気を集めました。「INTERVAL」がランニングシューズとしてだけでなく、ファッションアイテムとしても人気を得たことで、同年に発売された当時のランニングシューズ「DMXRUN10(ディーエムエックスラン10)」の幅広い人気にも繋がりました。

デザインは、目を引く鮮やかな星条旗配色が特徴的であり、90年代にリーボックが使用していた“ベクターロゴ”が大胆に施されています。90年代のアグレッシブなスピリットを体現しつつ、今日でも古さを全く感じさせないデザインとなっています。機能面では、グリップ力と屈曲性に優れたアウトソールを融合させており、更に今回の復刻で、新たに独自の軽量クッショニング素材として、最新の“ヘクサライトテクノロジー”を搭載することで、90年代当時のモデルよりも軽量性を実現しています。この進化を止めないモデルとリーボックの姿勢を通して、多くのスニーカーファンに影響を与えていきます。

名称:INTERVALOG(インターバルOG)
●品番/カラー:(左から)[EH3102]ホワイト/カレッジロイヤル/スカーレット[EH3103]ホワイト/カレッジネイビー/ダークグリーン[EH3104]ホワイト/カレッジロイヤル/LGHソリッドグレー
●サイズ:23.0cm~30.0cm(ユニセックス)
●自店販売価格:¥9,169(税込)
●発売日:2019年7月19日(金)
●発売店舗:
・リーボックオンラインショップ(https://reebok.jp/classic/interval/
・リーボッククラシックストア(原宿、HEPFIVE、ダイバーシティ東京、あべのHOOP、立川立飛、横浜ビブレ、名古屋みなとアクルス)
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/
・atmosBlueOmotesando/アトモスハラジュク/atmosShibuya/atmosShinjuku/KICKSLAB./mitasneakers/StylesDaikanyama/UNDEFEATEDShibuya/UNDEFEATEDHarajuku/UPTOWNDeluxe福岡店


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top