ハイセンスなウエディングドレスや、アクセサリーのセレクトでブライダル業界のトレンドを牽引する「NOVARESE」は、11月6日にノバレーゼ銀座にて 2020年春夏の新作ブライダルコレクションをショー形式で発表

当日は、ノバレーゼが世界中からセレクトした最旬ブランドの中でも、今シーズン特におすすめの5 ブランドをご紹介。



注目のオープニングを飾ったブランドは、圧倒的な存在感を放つ NY発ブランドの「オスカー・デ・ラ・レンタ」。ストレッチ・ミカドを使用したコラムガウンは、袖からリボンへとつながるふっくらとした背中のリボンが象徴的なデザインです。

3ルック目に登場したチュールに美しいフィリグリー刺繍が施されたドレスは、15名の職人が250時間もかけて一枚のドレスに仕上げたクチュールともいえるほどの高い技術力が結集した作品です。

次に登場したブランドは、英国王室御用達ブランド「テンパリー・ロンドン」がノバレーゼのためだけにデザインした3着のドレスコレクションが並びました。テンパリー特有のボヘミアンでレトロシックなスタイルをベースに、ブランドが得意とする刺繍が贅沢にあしらわれたスレンダードレスは、自身のアーカイブコレクシ
ョンからインスピレーションが取り入れられています。また腕を隠したいと考える多くの日本女性のために、今回のコレクションでは全デザインが袖付きとなっています。

続いて、多くのセレブリティファンを持つ NY 発ブランド「キャロリーナ・ヘレラ」のファーストルックでは、重厚感のあるミカド・シルクの七分袖のボールガウンドレスをお披露目。バレリーナのような大きく開いた背中、そして一部取り外しができるラッフル調のトレーンは、まさにブランドの真骨頂ともいえるエレガントで
優美なデザインです。

そして今シーズン NOVARESEが注目しているブランドのひとつ、イスラエル出身の「ミラ・ズウィリンガー」へと続きます。柔らかなシルクチュールに縫い留められたスパンコールやビーズ、大小様々な大きさにカットされたチュールで創った花びらで飾られたドレスなど、透明感のあるミラならではのクチュール感満載の2 スタイルが登場しました。

ショーの最後を飾ったのは、今シーズンから取り扱いをスタートする NY 発ブランド「リーム・アクラ」の4ルックです。アンティーク・レースからインスパイアされた柄に背中央を床まで飾るパール使いが見事なイリュージョンネックラインドレスに始まり、ブライダルの今シーズンのトレンドのひとつでもある、パンツルッ
ク(ジャンプスーツ)、パールとクリスタルでリボン模様が刺繍されたドレスをラストに、全15ルックで構成されたショーは終幕となりました。

ノバレーゼ銀座
東京都中央区銀座 1-8-14 銀座 YOMIKO ビル 3F
Tel. 03-5524-1117



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top