新橋・有楽町エリアにオトナが集う新たな 商業施設「URACORI(銀座裏コリドー)」が11月20日にグランドオープン

「銀座コリドー街」は、JR新橋駅と有楽町駅間の高架下に続く飲食店街として知られ、老舗からお洒落な居酒屋、世界各国の料理が楽しめるレストランなどがずらりと立ち並び、 連日多くの人で賑わっています。



その新橋・有楽町エリアにオープンする「URACORI」には、恵比寿で話題のおでん屋台「東京おでんラブストーリー」が新たに出店。おでんをきっかけにゲーム感覚で楽しく遊べる出会いの場が新たに登場します。

さらに、天井7mという圧巻の空間が広がる「CLUB GHQ」や、銭湯にいる雰囲気でお酒が楽しめる「ゆBar」が初出店。関東・東京初出店のヘルシーな串カツ「串揚げ 串かざり」や、九州の郷土料理と美味しい焼酎が楽しめる「九州の旨かもん旨か酒 くすお」など、11店舗が新たにオープン。皆さんもぜひ足を運んでみて。

「URACORI(銀座裏コリドー)」店舗

『CLUB GHQ』
天井が7メートルの圧巻の空間に40のムービングライトの照明を搭載。映像は大画面LEDを2面に設置し、店内はゴージャスな雰囲気とソファーシートで上質のサービスを提供。木曜はレディースデーで、女性は無料エンタランス。
『東京おでんラブストーリー』
恵比寿、京都、蒲田にも店舗があるノスタルジックな昭和スタイルの出会いの場。昭和レトロな家電がならぶ店内には、赤提灯やおでんのリヤカー屋台が6台あり、本物の屋台にいるような気分が味わえます。おでんは食べた分を自分で用紙に記入するスタイル。当たりの串がでると他のグループにおでんやドリンクをプレゼントできるので、国籍、年齢、性別を問わず楽しくお酒が飲めそう。
『ゆBar』
日本特有の文化である「銭湯」。大好きなお風呂でお酒が飲めたら、、、そんな日本人のならではの発想から生まれたのが「ゆBar」。暖簾をくぐると下駄箱、番台、足湯があり、まるで銭湯にいるような雰囲気が味わえるBar。飲食で下駄箱内の商品がもらえる下駄箱ジャンボ宝クジあり。12月からは、足湯のサービスもスタート。

『お江戸もんじゃラムネ』
おすすめは塩分控えめで野菜たっぷりのヘルシーなラムネのもんじゃと、出汁をきかせた生地が自慢の外カリ中ふわっお好み焼き。もんじゃ焼きのお焦げをパリッとつまみながらシャンパンを片手に乾杯をぜひ!〆には本格イタリアンジェラート、デザートもんじゃを食べ逃しなく!
『串揚げ 串かざり』
大阪で平成2年に創業し、約30年に渡り愛されて来た味を創業時のメンバーで東京初出店。山海の四季折々の新鮮な食材を、100%オリーブオイルで揚げたヘルシーな串料理を提供。子持昆布(雲丹添え)、椎茸肉詰、蟹のキス巻きなどの人気の串や季節の串を少しづつ熱々のまま提供し、お客様のお好みでストップするおまかせコースがおすすめ。

『九州の旨かもん旨か酒 くすお』
馬刺しや宮崎チキン南蛮、もつ鍋、炙り明太子など九州各地の郷土料理を堪能できる居酒屋。博多祇園山笠をモチーフにした外観で、お祭りのような活気とわくわく感を演出。キャストは浴衣や作務衣でお出迎え、気配りと笑顔のサービスでお客様を元気にします。各店には「焼酎マイスター」がいて、お食事に合う焼酎をおすすめ。

『喜多方ラーメン坂内』
福島県喜多方市に本店「坂内食堂」を持つ、本場の喜多方ラーメンを提供するお店。チェーン店でありながら店内調理にこだわり、“手作りの美味しさ”と、ホッとできる空間を1杯のラーメンを通じてご提供。

『三代目鳥メロ』
初代が試行錯誤の上たどり着いた、モミジとトサカをたっぷり入れて煮込んだ秘伝のタレ。その秘伝のタレを、一本一本丁寧に串打ちした焼き鳥にたっぷりと付けてじっくりと焼き上げた初代自慢の焼き鳥をぜひ。

『ミライザカ』
199円ハイボールと国産唐揚げがおすすめの新たなスタイルを追求するNEO総合酒場。こだわりの専門料理と女性も入りやすいちょっとお洒落な空間。

『MURA 銀座裏コリドー店』
村というコミュニティーをテーマとし、人と人も「横」のつながりを創出するもうひとつの帰る場所。完全キャッシュレス決済かつ、お客様のスマホからオーダー可能なセルフオーダーシステムを用いた最先端バー。

URACORI(銀座裏コリドー)
場所:千代田区内幸町1-6-5
アクセス:JR新橋駅徒歩3分、有楽町駅徒歩5分
営業時間: 各店舗による




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top