上質なスタイルを貫くフランスの老舗 「Louis FAGLIN(ルイ ファグラン)」から プレシャスコレクション <ルビー>・<サファイア> ライン各24種が発売

「ルイ ファグラン」のプレステージ・ラインとして発表される <ルビー>・<サファイア>コレクション。 カフリンクスのトグル(回転するパーツ)に、ナチュラルルビーやサファイアが埋め込まれた、美しいコレクションになっています。



”ダイアモンドカット” の一部はいまだ手動の機械を用いながら微妙なカットを復元し、 faceには、レアヴィンテージ資材のコレクターである6代目Pascal BERTRAND氏(パスカル ベルトラン)による、厳選されたストーンが装置されています。
ブランドカラーである“レッド”とリンクするルビーカラー、Louis FAGLINの“ブルー”と称されるほど由来のあるサファイアカラー。 パリのエスプリ漂う、歴史ある華麗なプロダクトは、そのステイタスを物語るとともに、次の世代にも引き継いでいきたいランナップになっています。

●Louis FAGLIN「ルイ ファグラン」

URL:https://www.louisfaglin.com/ja/

1899年、「Louis Faglin」(ルイファグラン) は、ナポレオンIII世の時代に貝の産地であったフランス・ゴネス市に工場を創業し、 貝ボタンメーカーに始まり、間もなくカフリンクスメーカーとして成長します。 1924年には工場のオーナーの一人であった、4代目Boyer (ボワイエ) 氏が回転バーを使用した “Tリンク”を発明し、 これまでボタンとボタンを鎖で繋いでいたカフリンクスよりも使いやすい形状のカフリンクスコレクションを発表。
この時期から多くのハイエンドブランドの発注を受け、カフリンクスのトレンドが広まって行ったのです。 ”Tリンク”又はスウィヴル形状のカフリンクスが定番の原型となり、ジェントルマンのエレガンスには欠かせないアイテムとなりました。
開発されたカフリンクスの販売先はパリのシャンゼリゼ通り、モンターニュ通り、ヴァンドーム広場などに軒を並べる現在でも世界的に著名なメゾン達です。 これらの事から「Louis FAGLIN」がいかにカフリンクスの歴史と進化に大きな役割を担って来たかが分かります。
「Louis FAGLIN」(ルイファグラン)の6代目にあたるPascal BERTRAND氏(パスカル ベルトラン)は、 一世紀以上もの間、フランス職人が開発してきたカフリンクスの【シークレットヴィンテージコレクションアーカイブ】実に15,000デザイン以上を保存しています。 これらはスポットライトに当てられていない、秘密のコレクションと言えます。
また、「Louis FAGLIN」(ルイファグラン)はヴィンテージアーカイブからのインスピレーションを大事にしています。 本物志向のデザインとレアなヴィンテージストーンや、昔ながらの技法を使用する事でメンズジュエリーとアクセサリーにシックなラグジュアリーを提供しています。
パートナーのクラフトマン企業はフランスが誇る”EPV” ラベル(フランス政府認定の無形文化財企業)を付与された企業が中心です。 フルオートメーションでは実現出来ない伝統的な”ギヨシャージュ” や ”ダイアモンドカット” の一部はいまだ手動の機械を用いながら微妙なカットを復元しています。
ヴィンテージのレアな資材のコレクターでもあり、他では味わえない風格や色だしを実現させています。
ブランドコレクションコンセプトはヴィンテージの資材と新しい資材、伝統的技法とコンピューター技術の調和により作り出され、 現代人に歴史が伝わる本物のアートを合理的な価格で提供する事を目指しています。モダンなジェントルマンにフレンチエレガンスのスタンダードを発信しています。
コレクションの製作はPascal BERTRAND氏(パスカル ベルトラン)が各シーズン豊かなヴィンテーコレクションの中から選りすぐりのセレクションをし、 バイヤーたちとのディスカッション後、復刻モデルとモダンに進化させたモデルをコレクションとしてまとめており、 フランスのヘリテージを保護しつつ、モダンなジェントルマンのスタンダードを確立させる事に励んでいます。 一段とラグジュアリーな拘りを醸し出し、その美しさはもはや芸術品の領域ともいわれています。
現在は、従来の「クラシックLINE」に加え、「プレステージLINE 」が加わり、 更にバイオーダー「ハイジュエリーコレクション」の3コレクション展開をスタート。



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top