イッタラ日本限定品 ティーマハニー8月下旬発売

偉大なデザイナーカイ・フランクの没後30周年を迎える今年、イッタラは「ティーマ」シリーズから日本限定商品として、特別色「ハニー」のシリーズを発売します。




ハニー、唯一の装飾としての特別なカラー

2018年のスペシャルプロダクトとして4色が発売されたティーマサマーマグの中で最も人気の高かった色が、この「ハニー」でした。マグのみならず、ラインナップを拡充して登場します。そのラインナップは、特に人気の高いマグ、プレート21cm、プレート17cm、ボウル15cm。2020年夏まで、“日本市場のみ”で特別な製品として展開される予定です。
この色「ハニー」の人気の秘密は、鮮やかでいて温かみのある柔らかさです。秋めいた木漏れ陽の色はお料理を生き生きと見せ、定番のホワイトや他の色との相性も抜群で、誰でも手にできる日用の美しい食器をつくるというカイ・フランクの価値観そのものをさらに感じさせる逸品です。

「ティーマ」とカイ・フランク

そのそぎ落とされた美しさと高い機能性でイッタラのアイコン的存在であるティーマは、「色が唯一の装飾である」と考えるカイ・フランクの手による、フィンランドデザインのレガシーともいえるシリーズです。1952年、この先駆となるアラビアの「キルタ」シリーズが発表されました。カイ・フランクはベーシックなシェイプでプレートのデザイン画を描き、慎重にサイズを決め、完璧な使い心地を目指して、細部の細部までこだわったのです。広い用途、重ねて収納できること、そしてシンプルながら豊かな色彩をもつことで、「ティーマ」はパーティから日常までどんなシーンでも機能する、究極の1枚として高い人気を誇っています。

イッタラについて

イッタラは、フィンランド南部にあるイッタラ村で小さなガラス工房として始まり、今日では人々の生活に寄り添い、人々の日々の生活をより豊かにするブランドへと成長しました。単独でも個性を発揮するデザインでありながら、自由な組みあわせが可能で、用途が広い製品をつくることがイッタラの信念です。また、質、美しさ、機能性を大切にするフィンランドのブランドとして、流行に左右されない普遍性のあるデザインを追求しています。イッタラにはブランドを代表する「アルヴァ・アアルトベース」(1936年発売/アルヴァ・アアルト)、「ティーマ」(1952年発売/カイ・フランク)、「バードバイトイッカ」(1972年発売/オイバ・トイッカ)など、時代を超え愛され続けている製品があります。

フィスカースについて

Fiskars-“Makingtheeverydayextraordinary”
フィスカース“毎日をこの上ない特別な日にする”
フィスカース社は、Fiskars、Iittala、Wedgwood、RoyalCopenhagen、Waterford、Gerberなど、世界的に認められているブランドを傘下に持ち、世界中の消費者のなにげない暮らしの一瞬一瞬が豊かになるような、そして
Extraordinary特別な輝きに包まれるような価値を提供していきたいと考えています。これらの象徴的なライフスタイルブランドをひとつのファミリーとして創造し、永続的に“クオリティー・オブ・ライフ(生活の質)”を高めることを使命としています。
詳細は、https://www.fiskarsgroup.com/をご覧ください。(本社の英語サイト)


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top