「セーラームーン」の世界観を表現、聖地でセーラー戦士がパフォーマンス!

ショーレストラン「美少女戦士セーラームーン-SHINING MOON TOKYO-」内覧会

ショーレストラン「美少女戦士セーラームーン-SHINING MOON TOKYO-」が、8月15日に東京・麻布十番にてグランドオープン。それに先駆け、8月8日に同店舗にてメディア向けの先行内覧会が行われた。



「美少女戦士セーラームーン-SHINING MOON TOKYO-」は、今まで上演された『美少女戦士セーラームーン』の2.5次元ミュージカルと、オリジナルメニューやドリンクが提供されるレストランを融合したショーレストラン。同作の舞台にもなった東京・麻布十番にオープンし、作中に登場するジュエリーショップ「ジュエリーOSA・P」と同じ場所の地下1階に店を構える。

ディナータイムに用意されているオリジナルメニューには、スペシャルプレートが3種、ノンアルコールのコラボドリンク6種。ランチタイムにはスペシャルランチボックス2種、こちらはコラボドリンク2種が提供される。

また、同作の世界観を再現したという内装には、ピンクを基調とした空間が広がり、セーラー戦士とタキシード仮面の衣装が展示されたり、フォトスポットには月のオブジェを配置。2階には、Tシャツや帽子などのアパレル商品やキーホルダーなどが販売されている。

この日行われた内覧会では、ステージショーの後半10分のみが公開された。セーラー戦士の5人をはじめ、タキシード仮面やその他キャスト陣がオリジナル楽曲に合わせてパフォーマンスを披露。カーテンコールではTVアニメ『美少女戦士セーラームーン』のオープニング「ムーンライト伝説」が流れるといった一幕もあった。

同ステージはお客さんによる撮影も可能となっており、演出を担当するネルケプランニングのプロデューサー松田氏は「クローズドにするよりはSNSであげてもらいたい。演者がお客様とコミュニケーションをとれないかなと計画中です。欧米ではショーのほとんどが撮影が可能なので、海外のお客様が来る時は日本に行こうと思ってもらえるようにしている」と狙いを説明した。

『美少女戦士セーラームーン』のアニメーションシリーズは40カ国以上で放送されるなど、グローバルにも展開。海外ファンからの人気も根強いことから、インバウンドの見込み客もターゲットに入れ、2万人の来場者数を目標に掲げている。



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top