GIVENCHY 2020SSキャンペーンを公開

ジバンシィは2020年春夏シーズンの広告キャンペーンに、二人の美しい著名人を起用します。



アーティスティックディレクター、クレア・ワイト・ケラーの指揮の下、クレイグ・マクディーンのレンズを通したイメージの中で、タイムレスなアイコンであるシャーロット・ランプリングとマーク・ジェイコブスが今シーズンのキールックを身にまとい、90年代のパリとニューヨークの記憶を蘇らせます。個人主義と偶像破壊の精神が、自由で自信に満ちた魅力と調和する様子は、まさにジバンシィのレディ・トゥ・ウェアとアクセサリーを象徴しています。



アリアナ・グランデを起用した2019年秋冬シーズンに続き、今回のキャンペーンにおいても尊重されるのは「ジバンシィ・ポーズ」。伝統的なポートレートスタイルで、力強さと知性、そして生まれ持ったエレガンスを称えます。

キャンペーンに伴い公開される動画には、2人のスターがありのままで登場します。シャーロット・ランプリングは、その個性を象徴するようなマスキュリンかつフェミニンなファッションを身にまとい、マーク・ジェイコブスに対して、自らの専門分野である演技の上級者向けレッスンを実施。

時代を経ても変わらぬシックでナチュラルな美しさと、生来の気品を兼ね備えたイギリス人の大女優が、マーク・ジェイコブスの大袈裟で冗談めいた“女優”の演技をクールな対応で引き立てます。映像には、今シーズンのフットウェアを電話に見立てるシーンなども盛り込まれています。




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top