世界でもウェルドレッサーとして認められている白井俊夫氏、鈴木晴生氏、 鴨志田康人氏の生い立ちから現在迄をテキストとビジュアルで構成。「The three WELL DRESSERS」発売(6/11)

戦後のメンズファッションの大きなムーブメントで有った「VAN」(日本的アメリカントラディショナル)を軸に、日本メンズファッションの歴史の一断面を捉える。



●プロデュース&ディレクション 河合正人(かわい まさと)
フラワー・コーディネーター&ファッション書籍プロデューサー。
1958年京都生まれ。大学卒業後、京都の老舗生花店にて修行後、東京へ。1986年河合正人花事務所を設立。
広告、雑誌、イベントでの制作を中心に活動。フラワー・コーディネートで農林大臣賞を受賞。
その他受賞歴あり。 1994年光琳社より最初の『FLOWERS』刊行。
2012年、大川直人氏との共著『FLOWERS』(万来舎)刊行。
2015年 『JAPANESE DANDY』、2017年『JAPANESE DANDY monochrome』(ともに万来舎)刊行。
本業であるフラワー・ コーディネーターの傍ら、ファッション関係の書籍のプロデュース、編集、プロモーションを行う。
『スーツの百科事典』『TAKE 8 IVY』『オフィシャルアメリカントラッドハンドブック』『メンズウェア素材の基礎知識』他。

● 問い合わせ先 「万来舎」03-52124455

白井俊夫 しらい としお

信濃屋顧問。1937年横浜生まれ。高校三年生の時に、横浜の老舗洋品店の信濃屋でアルバイトを開始。中学、高校時代を通してハリウッド映画、カントリー音楽に夢中になる。 高校卒業後、設立して間もない桑沢デザイン研究所(1年次リビング科、2年次ドレス科)を卒業後、昭和36年信濃屋に就職する。昭和30年代後半から本格的に海外ブランドを展開する。1972年にルチアーノ・バルベラ(SIDA 社ネーム) の商品を取り扱い始め、1980年代にエルメネジルド・ゼニア、ブリオーニ、1990年代にはキートンを展開する など、クラシコイタリアブランドを数多く先駆ける。




鈴木晴生 すずき はるお

シップス・クリエイティブアドバイザー。1947年東京都生まれ。1965年、VAN JACKET INC.に就職。
VANを退職し、1968年に相模原の米軍基地で人員移送車やコンバットタンクの整備、検査を行う。1970年、テイジンメンズショップに入社。ニューヨークをはじめとするアメリカの主要都市の視察旅行へ出向き、ニューヨークトラッドを日本に紹介。 1976 年にエーボンハウスで知られるシャンタルデュモへ入社。営業をしながら企画の仕事を任される。1989年に H S I (ハルオスズキインターナショナル)を設 立 。 メンズブランド 「メッサーフリッツ」をスタート。1996年シップスへ入社し、企画部長、執行役員を経て、現在は顧問 ・ メンズクリエイティブアドバイザーを務める。2005年にワインレーベルフォーシップスをスタートさせる。著作に『男の着こなし最強メソッド服は口ほどにものを言う』(講談社)、『こだわる男のスタイリングメソッド』(講談社)がある。


鴨志田康人 かもした やすと

株式会社オフィスカモシタ代表取締役社長。1957年東京都生まれ。大学卒業後、株式会社ビームスに入 社。店舗スタッフを経て企画、バイイングを担当。1989年ビームスを退社後、ユナイテッドアローズの設 立に参画。メンズセクションの商品調達、店舗意匠などのクリエーションを担う。2004年、ユナイテッド アローズのクリエイティブディレ クターに就任。2007年から“Camoshita United Arrows” をスタートしピッテ ィウオモに出展。2018 年に株式会社オフィスカモシタを立ち上げ、ユナイテッドアローズの監修業務を担う傍ら、ポールスチュアートジャパンのクリエイティブディレクターに就任。



著者 倉野路凡
写真 大川直人
プロデュース&ディレクション 河合正人
ページ数 156P
サイズ 四六倍版 ハードカバー
本体価格 3400円(税別) 発行所 万来舎
発売日 6月11日




LINEで送る
Pocket

Top