ハーゲンダッツクッキー&クリーム「Häagen-Dazs “& Lounge”」オープニングイベント開催、シシド・カフカさんと押尾コータローさんの夢のセッションが実現

ハーゲンダッツ ジャパン株式会社は、 クランチークランチ『ダブルクッキー&クリーム』(3月28日新発売)の発売とミニカップ『クッキー&クリーム』の発売25周年を記念して、 3月24日〜3月25日の2日間限定で神宮前6丁目プロジェクトギャラリーにハーゲンダッツがプロデュースする大人のラウンジ空間「Häagen-Dazs “& Lounge”」をオープン、オープン前日の、3月23日にオープニングイベントを開催した。




「Häagen-Dazs “& Lounge” 」は、クッキー&クリームアイスクリームを象徴する白と黒のカラーを基調とした期間限定の大人のラウンジ空間で、新作のクランチークランチ『ダブルクッキー&クリーム』を発売より早く味わったり、クッキー&クリームアイスクリームをカスタマイズしたオリジナルメニューを楽しむことができる期間限定スポット。

シシド・カフカさん、押尾コータローさんを迎えたオープニングパーティでは、クッキー&クリームアイスクリームをイメージした『白と黒』のドレスコードで来店した約50名の来場者の前で、お二人のミニライブとトークショーが行われた。
白の衣装で登場したシシドさんは、「今日は、はじめての共演なので新鮮でした。毎回ハーゲンダッツの新商品が出ると『出たんだ~』と思いながらクッキー&クリームを手に取る。アイスは大好きですが、いつもクッキー&クリームしか食べないので、このお仕事の話を聞いた時には『よくぞ!』と思い嬉しかった。」

黒の衣装の押尾さんは、「25周年おめでとうございます。クッキー&クリームは、クッキーとクリームのハーモニーが絶妙で美味しい。流石、25年間も愛され続けている理由がわかる。」と、それぞれコメント。

シシドさんは、「みんな今日は良く白と黒の洋服があったね。私はいつもは黒の洋服が多いけど、今日は衣装もドラムも全て白だからうれしい。」

押尾さんは、「音楽とクッキー&クリームの絶妙なハーモニーをお楽しみください。」と語り、ライブの最後には『together』 という、イベントにぴったりの曲を披露した。



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top