東京の秋の始まりを告げる恒例のファッション・イベント「VOGUE FASHIONʼS NIGHT OUT」に華やかなゲストが集合

世界で最も影響⼒のあるファッション誌『VOGUE』の⽇本版『VOGUE JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)は、グローバルなファッション・イベント「VOGUE FASHIONʼS NIGHT OUT 2019(以下FNO)」を、9⽉14⽇(⼟)に開催しました。



2009年にアメリカ版『VOGUE』の編集長、アナ・ウィンターの提唱によって始まったFNOは、「ファッション業界の活性化」をグローバルな目的として『VOGUE』を発行する国が各地で開催する世界最大級のショッピング・イベント。11回目を迎える今年は5カ国10都市で開催。日本では東京9月14日(土)、神戸10月19日(土)、名古屋10月26日(土)、そして大阪11月16日(土)、17日(日)の4都市にて開催されます。
この日開催された「FNO 2019/TOKYO」では、表参道ヒルズ本館B3Fスペース オーをメイン会場に、表参道・青山・原宿エリアを中心とした、約600の参加店舗で様々な店内イベントやパーティーが開催されました。
表参道ヒルズ本館の吹抜け⼤階段にて開催された「第11回FNOセレモニー」。今年のシークレットゲストはSEKAI NO OWARI。「スターライトパレード」「RAIN」、そして新曲「LOST」の3曲を披露し、歓声を浴びました。
今年のFNOは「Fashion ×Sustainability(ファッション×サステナビリティ)」 に根差した取り組みも⾏っており、セレモニーには環境省の環境特別広報⼤使を務める女優でアーティストの柴咲コウさんをはじめ、モデルの冨永愛さん、森星さん、福⼠リナさん、デザイナーのフィリップ・リムさん、ドラマー・女優・モデルの顔を持つシシド・カフカさん、そして11年連続でMCを務めるクリス・ペプラーさんといった華やかなゲストが登場しました。
『VOGUE JAPAN』の渡辺三津子編集長は、「みんなが一丸となってsustainabilityに取り組むとは20年前には想像出来なかった。ファッションを楽しむことによってsustainabilityの意識を高める」と新たな取り組みに期待。
モデルの冨永愛さんは「2009年からアンバサダーとして関わり、盛り上げることが出来て嬉しい」と感慨深げに語り、デザイナーのフィリップ・リムさんは「デザイナー、ファッションに対するエネルギーや未来に、明るいものを感じる」と力強く語りました。
最後は集まった大勢の来場者に向けて「いってらっしゃい」の掛け声で送り出しました。




LINEで送る
Pocket

関連記事

Top