日本初!クロード・モネなど印象派名画が最新テクノロジーで蘇る アートは「鑑賞」から「没入」に 「Immersive Museum」開催決定

2020年4月17日金)より日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive「Museum「イマーシブミュージアム)」が開催されます。2月15日土)10時より入場券の事前販売を開始します。



ImmersiveMuseum実行委員会は、2020年4月17日金)より最新のテクノロジーで芸術作品の世界を蘇らせる日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive「Museum「イマーシブミュージアム)」を、東京天王洲の寺田倉庫G1ビル5Fにて開催することを決定。2月15日土)10時より入場券の事前販売を開始します。

Immersive「Museum」は、近年演劇やアート、エンターテインメントのジャンルで世界的なトレンドとなっている“Immersive=没入感”をキーワードとする、新たなアート体験プログラムです。特別な音響効果と壁面床面全てに投影される没入映像を組み合わせて、広大な屋内空間に名画の世界を再現。参加者はその空間内を自由に歩き回ることができ、あたかも全身で名画の世界に入り込んだような究極のアート体験が可能になります。

日本開催第一弾となる今回のテーマは“印象派”IMPRESSIONISM。世界的に人気の高いクロードモネの「睡蓮」やドガの「踊り子」ルノワールの「ムーランドラギャレットの舞踏会」といった、印象派の名画の数々を没入映像化しました。高さ5.5m、約1400m2の巨大空間*に、印象派の作家たちの視点で見た作品世界を再現し、アートの“鑑賞”体験を大きく進化させます。
*高さ、面積とも空間面積全体を指します。投影面積は異なります。

開催期間:2020年4月17日(金)~2020年8月12日(水)
場所:寺田倉庫G1ビル5F東京都品川区東品川2-6-4



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top