「MASTER WORKS」がケースとベルトを自由に組み合わせて購入できるカスタムフェアを全国約20店舗にて開催(10/1-11/30)

image-1

2018年夏デビューしたMADE IN JAPANの時計ブランド「MASTER WORKS」は、ケースとベルトを自由に組み合わせて購入できるカスタムフェアを、2018年10月1日(月)~11月30日(金)まで、全国の約20店舗にて開催。

イタリアボローニャ郊外の老舗ファクトリーでハンドメイドされるベルトは、表地に”イタリアンレザー”、裏地には汗や汚れに強く高級車にも使われる”アルカンターラ”を使用し、カーフ、クロコ型押し、スウェードの3月素材から各10色、計30種類を展開。高級時計を手掛けるメーカーで製造されるパーツを日本で組み上げたケースは、パワーリザーブ、クロノグラフ、三針の3モデルから各2色(ホワイト・ブラック)の計6種類で、全てカスタムフェア用に数量限定で生産されたもの。
限られた店舗のみで開催される特別なフェアは、様々な個性的なベルトの数々と、ベルトに合わせられるシンプルなケースで自分好みのカスタマイズを楽しめるイベントとなっている。

「MASTER WORKS」Custom Fair

期間:2018年10月1日(月)~11月30日(金)全国の約20店舗にて開催
価格:Quattro/001 Case(Automatic) ¥31,000 Quattro/002 Case(Chronograph)¥22,000 Quattro/003 Case(3Hands)¥13,000 Belt(Italian Leather)¥5,000 ※全て税抜価格
ウェブサイト:master-works.jp


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top