「カルピス(R)100th 七夕に会おう展」7/4~7/14開催!@末広町駅、3331 Arts Chiyoda

アサヒ飲料(株)はカルピス100周年施策「カルピス七夕ACTION」をSTARTします。その一環として7/4より東京都千代田区の3331ArtsChiyodaで“カルピス®100th七夕に会おう展”を開催します。




「『カルピス』七夕ACTION」は、便利な世の中になり、離れていても、忙しくても、いろいろな方法で世界中とつながることができて、いつでも誰とでもコミュニケーションがとれるようになっている昨今、リアルに「会う」ということの意味を改めて考え、感じてもらうきっかけづくりを目指します。

織姫と彦星が1年に一度会うことを許されるタイミングで、かつ「カルピス」の100回目の誕生日でもある七夕に、TVCMや“カルピス®100th七夕に会おう展”を中心に、様々なお客様の接点で七夕ACTIONを展開していきます。

“カルピス®100th七夕に会おう展”は、「会う」ことをテーマにした展覧会です。「ひとりで来ても楽しめるけど、できれば大切な誰かと一緒にきて体験してほしい」と考えており、大切なひとと出会うことによって生まれる光の天の川イルミネーションや、大切なひとと自分のことを表す「ことば」をみつける作品は、大切なひとと過ごした時間が、“ずっと大切な記憶として残ってほしい。”という願いを込めて作った展示です。

◎展覧会コンテンツ1:大切な人とつくる、光の天の川イルミネーションdotriver(ドットリバー)
約1万個の水玉(ドット)でつくられた天の川を、大切な人同士が出会うことによって光り輝かせることができるインタラクティブイルミネーションです。

<体験内容>
○手にした「水玉」の光が、天の川へと広がっていきます。立ち止まると、「水玉」の光の輝きも変化します。
○異なる色の「水玉」を持った人と出会うと、お互いの水玉の光が反応し始め、天の川も独自の光を放ちます。
○同じ色の水玉を持った人と出会うと、特別な光の反応が始まります。フォトスポットでお互いの「水玉」を触れさせると、写真撮影が行われます。

◎展覧会コンテンツ2:大切な人と一緒に、自分たちを表す「ことば」を見つけることばの宇宙100messagebottles(100メッセージボトルズ)
七夕の日に、色とりどりの短冊に願いごとを書く。その風習を建築家/デザイナーであるエマニュエル・ムホーによって、大切な人を想う体験としてリデザインした展示です。無数の「文字」が降り注ぐ空間「ことばの宇宙」。そして、大切なひとと自分が今日、一緒にいることの素晴らしさを改めて感じて欲しいという想いを込めて、100の「ことば」と100色の「カルピス」のボトル(「ピースボトル」)「100messagebottles」を展示します。大切なひとと、自分たちを表すそれぞれの「ことば」を見つける特別な体験を用意しています。
※ことばの宇宙は、7/4〜7/7までの期間限定展示となります。

<エマニュエル・ムホー(建築家/デザイナー)>フランス生まれ。1996年より東京在住。emmanuellemoureauxarchitecture+design主宰。東京の“色”と街並が成す複雑な“レイヤー”と、日本の伝統的な“仕切り”から着想を得て、色で空間を仕切る「色切/shikiri」コンセプトを編み出す。色を大胆に取り入れた建築、空間デザイン、アートなど多様な作品を創造し続けている。代表作に巣鴨信用金庫の建築設計、ABCCookingStudioの空間デザイン、100colorsシリーズ、UNIQLOやISSEYMIYAKEのアートインスタレーション、国立新美術館での「数字の森」などがある。東北芸術工科大学准教授。

◎大切な人と一緒にくつろぐ「カルピス®ピースフルラウンジ」
大切な人と一緒に「カルピス」を飲みながらゆっくりとした時間を過ごせる場所です。「カルピス」の象徴である水玉で彩られており、「カルピスウォーター」をお一人様1本プレゼントします。「カルピス」を飲みながら、大切な人とのひと時をお楽しみいただけます。
※お一人様1本(「カルピスウォーター」缶160g)限りとなります。※この場所での飲食は可能です。

◎大切な人と一緒に、ここだけの限定メニューを楽しむ「カルピス®カフェ」
人気のコッペパン屋“COPAINSde3331(コパンドゥ3331)”と「カルピス」がコラボレーションした、カルピス®100th七夕に会おう展限定のコッペパンと、「カルピス」を使ったオリジナルドリンクを販売します。コッペパンの生地にふんだんに使用している「カルピス(株)特撰バター」は、「カルピスをつくる工程で生乳から乳脂肪分を分離する時にできる脂肪分(クリーム分)の有効活用から生産が始まりました。「カルピス」約40本から1ポンド(450g)という限られた量しか作れない貴重な「カルピス(株)特撰バター」を使うことで、きめこまやかな、もちっとした食感にしあがっており、軽やかな後味が楽しめます。このコッペパンにマッチする「カルピス」を使ったフィリングを開発し、見た目も「カルピス」の象徴である水玉を意識したものに仕上げています。

<ドリンク>(価格は全て税込)
・「カルピス」+糀甘酒ブレンド(400円)・「カルピス」+ヨーグルトブレンド(400円)・「カルピス」+もろみ酢ブレンド(400円)・ダブルカルチャード(400円)・「カルピス」(200円)※ダブルカルチャードはアルコール飲料となります。それ以外の4品はノンアルコールとなります。

<コッペパン>(価格は全て税込)
・水玉ブルーベリーコッペパン:「カルピス」のクリームとブルーベリークリームの上に、水玉に見立てたブルーベリーを散りばめました。(250円)・天の川コッペパン:「カルピス」のクリームに3種のベリーを混ぜたものと、ヨーグルトクリームを塗って、上に天の川に見立てたデコレーションシュガーで飾りました。(250円)・鶏ハムとプロヴァンサルコッペパン:「カルピス(株)特撰バター」にハーブと「カルピス」を練り込んだプロヴァンス風バターと鶏ハムがベストマッチなコッペパンです。(350円)・小海老とメンタイコポテトサラダコッペパン:「カルピス」とレモン果汁でマリネした小海老とメンタイコポテトサラダを挟んだコッペパンです。(350円)

◎「カルピス®100th七夕に会おう展」
会期:2019年7月4日(木)~2019年7月14日(日)
※会期中無休開館時間:11:00~20:00(dotriverの最終体験受付時間は19:45)
※カルピス®カフェのラストオーダーは、フード19:00、ドリンク19:30です。会場:3331ArtsChiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)

<アクセス>・東京メトロ末広町駅徒歩1分・東京メトロ湯島駅徒歩3分・都営地下鉄上野御徒町駅徒歩6分・JR御徒町駅徒歩7分・JR秋葉原駅徒歩8分・JR御茶ノ水駅徒歩15分

注意事項:
dotriver(ドットリバー)
・小学生以下のお子さまのみの参加はお断りさせていただきます。小学生以下のお子さまのご参加には保護者様の同行をお願いしております。
・混雑時には整理券を配布させていただきます。整理券を配布する場合は、1日2回、11時から11時~16時台の整理券、16時から17時~19時台の整理券の配布を予定しております。
・1日の最大体験受付人数は、約500名を予定しております。体験人数を超えた場合でも、観覧をいただくことは可能です。ただし観覧も定員以上のお客様が来場した場合、お断りさせていただく可能性もございます。
・最終受付時間は19:45となります。ただし整理券の配布が完了している場合は、ご参加いただくことができません。

100messagebottles(100メッセージボトルズ)
・7月7日まではメインギャラリー、7月8日以降、コミュニティスペースでの展開となります。7月8日以降、ことばの宇宙は展示されておりません。

■人を想う記念日ACTION!
「人を想う記念日ACTION!」は、大切な人への想いを形にする象徴である“記念日”を応援することで、これまで「カルピス」ブランドが大切にしてきた「人と人との想いをつなぐ」という価値を伝える活動です。ひなまつりと七夕という「カルピス」ブランドに縁のある日本の伝統的な記念日を2つの大きな柱とし、また、子どもの日などに加え、卒業式やお盆なども、「人を想う」記念日の一環と捉え、新たな提案を込めたTVCMや店頭施策を展開していきます。またよりパーソナルな記念日においても、大切な人への想いを形にし、アクションできる場をWEBやSNSを中心に提供していきます。

「カルピス」ブランドは、これまでの100年間で築いてきた価値を見つめ直し、次の100年もより多くの人々から愛されるブランドであるために、ココロとカラダの健康を大切にするすべての人々にとって、なくてはならない唯一無二の国民飲料を目指して取り組んでまいります。

<本件に関するお問合せ先>
アサヒグループホールディングス株式会社広報部門電話:03‐5608‐5126

<お客様からのお問合せ先>
アサヒ飲料株式会社お客様相談室フリーダイヤル:0120‐328-124

「カルピス」、「カルピスウォーター」、「ピースボトル」は、アサヒ飲料(株)の登録商標です。「カルピス」ブランドは1919年に誕生し、今年で100周年を迎えます。


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top