6月30日開幕 きもの展にてYOSHIKIが手掛けるブランド「YOSHIKIMONO」を展示

東京国立博物館 平成館(上野公園)では6月30日(火)から8月23日(日)まで、特別展「きもの KIMONO」を開催します。



本展では、信長・秀吉・家康・篤姫など歴史上の著名人が着用したきものや、尾形光琳直筆の小袖に加え、きものが描かれた国宝の絵画作品、さらに現代デザイナーによるきものなど約 300 件の作品を一堂に展示。鎌倉時代から現代までを通史的に総覧するかつてない規模の展覧会です。
この特別展「きもの KIMONO」に、X JAPAN のリーダーで世界的アーティストである YOSHIKI が手掛けるきものブランド「YOSHIKIMONO」が、現代を代表するきもの作品として展示されます。呉服屋の長男として生まれ育った YOSHIKI がデザイナーを務める「YOSHIKIMONO」は、現代女性や外国人にも似合うきものを目指し、テーマに掲げるのは『伝統と革新の融合』。きものという伝統的な日本の衣装形態を継承し、その美意 識を尊重しつつ、現代性をもつコレクションを発信し続けています。「YOSHIKIMONO」は、「800 年以上を生き抜き、今なお新たなファッション・シーンを繰り広げる『きもの』を、現代を生きる日本文化の象徴として展覧し、その過去・現在・未来を見つめる機会とする」という本展のコンセプトに大変ふさわしく、このたびの展示に至りました。今年2月からは、英国ロンドン・ヴィクトリア&アルバート博物館の着物展でも、 YOSHIKIMONO はアレキサンダー・マックイーンやイヴ・サンローランなど著名デザイナーによる作品と肩を並べて展示されています。

YOSHIKI プロフィール

作詞家、作曲家、「X JAPAN」リーダーとしてピアノ、ドラムを担当。これまでに天皇陛下御即位十年記念式典の奉祝曲、愛知万博公式イメージソング、ハリウッド映画のテーマソング、そして世界最高峰の米ゴールデングローブ賞の公式テーマソングを作曲するなどグローバルに活動。 また、米国“501(c)(3)” 非営利公益法人 Yoshiki Foundation America の設立や、外務省が開設した日本文化の発信施設「JAPAN HOUSE」のアドバイザー就任など、音楽活動のみならず多岐に渡る分野で活躍中。

YOSHIKI コメント

「デザイナーとして、このブランドを立ち上げて10年以上の月日が経ちました。 現在、海外からのオファーをいただくことも多くなりましたが、このように着物文化発祥の地である日本、 そして、この格式ある東京国立博物館に展示されることを本当に光栄に思っています。 いつも応援してくれているファンの皆さんのおかげだと思っています。 ぜひ、観ていただければ嬉しいです。」

【特別展「きもの KIMONO」 開催概要】

◼ 開催期間 : 2020年6月30日(火)~8月23日(日) [前期展示] 6 月 30 日(火)~7 月 26 日(日) [後期展示] 7 月 28 日(火)~8 月 23 日(日)
◼ 開催場所 :東京国立博物館 平成館 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
◼ 開館時間 : 午前9時30分~午後6時  ※総合文化展は午後5時まで
◼ 休 館 日 : 月曜日、8月11日[火](8月10日[月・祝]は開館)
◼ 観 覧 料 :日時指定+観覧セット券
一般 1,700 円、大学生 1,200 円、高校生 900 円(税込)
※障がい者とその介護者 1 名は無料。「日時指定券」の予約は不要です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
※中学生以下無料。ただし、オンラインでの「日時指定券」の予約が必要です。
◼ 事前予約制: 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。 本展の観覧にはオンラインによる事前予約が必要となります。詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。
◼ 主 催 : 東京国立博物館、朝日新聞社、テレビ朝日、文化庁、日本芸術文化振興会
◼ 協 賛 : タカラレーベン、竹中工務店、凸版印刷、トヨタ自動車
◼ 協 力 : 神戸ファッション美術館
◼ 公式サイト: https://kimonoten2020.exhibit.jp/
◼ お問い合わせ先: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
◼ 公式 Twitter: @kimonoten2020



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top