アート集団チームラボによる、「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」で7月16日から新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》が公開

アート集団チームラボによる、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」では、7月16日から新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》が公開されます。また、期間限定で《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity》が夏の装いになります。
チームラボプラネッツとは、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8作品による「水に入るミュージアム」。2018年7月の開館から2周年を迎え、 累計で180万人以上の方が来館しています。 現在は、入館制限等の新型コロナウイルスの感染防止策を実施の上で、ミュージアムをオープンしています。

新たな作品《空から降り注ぐ憑依する滝》とは、 デジタルテクノロジーによるアートとしては他に類のない大きさのパブリックアートです。 開放感のある屋外に設置され、ゆりかもめの新豊洲駅の目の前にあるので電車からでも、道を歩いている方でも、入館の有無に関わらず作品を鑑賞することが可能です。 また、2020年秋までとしていた会期は2022年末まで延長となっています。

流れる水は無数の水の粒子の連続体で表現。粒子間の相互作用を計算し、水の粒子の挙動によって空間上に線を描きます。その線の集合をチームラボが考える「超主観空間」によって平面化し滝を描いています。 人々が作品に近づいたり、作品の上に立つと水の流れが変化。 作品は、人々のふるまいに影響を受けながら、永遠に変化し続けます。

また、夏の季節限定で、 来場者が裸足になって水の中を歩く作品《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity》は、水面を泳ぐ鯉の映像が人々にぶつかると、向日葵に変化し散っていきます。1年を通して咲く花々は季節とともに移り変わり、 向日葵の花は、 7月16日から8月2日までの期間限定となっています。

また、7月15日に開催された新作御披露目会にはチームラボ代表 猪子寿之氏が登壇、 「今回の作品は光の塊の彫刻のようなもの。チケットを買わなくても見ることができる場所なので、ふらりとよって楽しんで頂けたら。」と、コメントしました。

その他、チームラボプラネッツ TOKYO DMMでは、以下の作品も引き続きご覧いただけます

●The Infinite Crystal Universe
●Floating in the Falling Universe of Flowers
●意思を持ち変容する空間、 広がる立体的存在 – 平面化する3色と曖昧な9色、 自由浮遊
●冷たい生命
●坂の上にある光の滝


チームラボプラネッツ TOKYO DMM
場所: 江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間: 平日 10:00~19:00、 土日祝 9:00~19:00
※最終入館は閉館の30分前
展覧会公式ウェブサイト: https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/


チケット料金:
大人(18歳以上) 3,200円
大学生・専門学生 2,500円
中学生・高校生 2,000円
小人(4歳 – 12歳) 800円
シニア(65歳以上) 2,400円
障がい者割引 1,600円

チケット販売:
チームラボプラネッツ TOKYO DMM チケットストア: https://teamlabplanets.dmm.com
※料金、 開館時間が変更になる可能性がございます。 HPをご確認ください。

新型コロナウイルスの感染防止策:
入館制限等の感染防止策を実施の上で、 ミュージアムをオープン中。 最新情報はウェブサイトをご確認ください。https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/#information

■フードスタンド
店名: Everything is in your hand(エブリシング イズ イン ユア ハンド)
URL: https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/foodstand
営業時間: 10:00~18:00
定休日: チームラボ プラネッツ休館日に準ずる ※天候により一部休業の場合あり


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top