⽇本博主催・共催型プロジェクト / 明治神宮鎮座百年祭記念神宮の杜芸術祝祭祭る。祈る。創る―持続可能な⾃然と芸術⽂化―

「神宮の杜芸術祝祭」美術展第⼆弾が、いよいよ始動します。
明治神宮の杜を舞台とした芸術と⽂化の祭典「神宮の杜芸術祝祭」は、3⽉から開催中の野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」に続き、「紫幹翠葉(しかんすいよう)−百年の杜のアート」展を開催します。本展覧会は、新型コロナウイルスの感染拡⼤により1ヶ⽉近く開催を延期し、 7⽉10 ⽇から開催しています。
会場となるのは、明治神宮鎮座百年祭記念事業の⼀環として、昨年開館した明治神宮ミュージアム。隈研吾⽒によって設計された、杜と調和する美しいミュージアムから、神宮の杜芸術祝祭の美術展第⼆弾が始まります。

「紫幹翠葉(しかんすいよう)−百年の杜のアート」の 「紫幹翠葉」とは、紫の⽊の幹、緑の⽊の葉という意味から、景⾊が⻘々としていて美しい様⼦を表します。縄⽂時代から⽇本⼈は、森や⼭に神さまを⾒出し、⼿を合わせて感謝する、それが⾃然に対する⽇本⼈の伝統的な態度でした。そして、富⼠⼭や桜だけでなく、⽥んぼや雑草、野⿃などといった⽇常の暮らしの⾵景に、美しさを⾒出してきました。現代アーティスト達が、 明治神宮に思いを寄せて作った新作の数々、 参加する現代アーティストは40名。その表現の形として選んだのは、屏⾵、掛け軸、衝⽴(絵画)、扇⾯といった⽇本古来の様式です。特に、扇⾯形の絵画作品は、実⼒と才能を兼ね備えた注⽬の現代アーティスト30名に制作を依頼し、30名の新作が 1 つの壁⾯に展⽰されます。現代アーティスト達が、明治神宮やその鎮守の杜に思いを寄せ、⾃然や暮らしを対象に畏怖と尊敬、情熱を込めて制作した作品が、明治神宮ミュージアムに並びます。
素晴らしい明治神宮の緑と共に、澄んだ表現の数々を堪能してください。


【出展作家(*五⼗⾳順、敬称略)】
朝⼭まり⼦、⽯塚隆則、薄久保⾹、⼩沢さかえ、⼩津航、海野貴彦、川久保ジョイ、清川あさみ、⼩瀬村真美、⼩⾕⾥奈、⼩林孝亘、品川亮、篠⽥太郎、杉⼾洋、須永有、⽥中望、椿昇、天明屋尚、中村ケンゴ、流⿇⼆果、ナマイザワクリス、能條雅由、畑⼭太志、濱⼝健、ひびのこづえ、平井武⼈、平川恒太、笛⽥亜希、船井美佐、本⽥健、増⽥将⼤、町⽥久美、三沢厚彦、ミヤケマイ、森村泰昌、森⼭亜希、⼭⼝藍、⼭⼝典⼦、⼭本太郎、⼭本基

「紫幹翠葉 −百年の杜のアート」
会場: 明治神宮ミュージアム(明治神宮内苑)
会期: 2020 年 7 ⽉ 10 ⽇(⾦)〜 2020 年 9 ⽉ 27 ⽇(⽇)※⽊曜⽇休館(但し 7/23, 7/30 は開館)時間: 10:00〜16:30 ※最終⼊館は閉館時間の 30 分前まで。
⼊場: 無料(但し明治神宮ミュージアムの⼊館料 1,000 円が必要です)
芸術監督:⼭⼝裕美

新型コロナウイルス感染症感染防⽌対策について
展覧会の開催に際しては、(公財)⽇本博物館協会の「博物館における新型コロナウイルス感染拡⼤予防ガイドライン」を踏まえ、⼗分な措置を講じてまいります。ご来館の際にはあらかじめ下記をご確認ください。ご迷惑おかけいたしますが、ご理解とご協⼒を賜りますようお願い申し上げます。

◇会場内における感染防⽌対策
・⼊⼝に消毒液を設置します。
・スタッフのマスク着⽤や検温を徹底します。
・会場内の清掃・消毒・換気を徹底します。

◇来館に関するお願い
・37. 5℃以上の発熱や咳・咽頭痛などの症状がある⽅については、ご来館をお控えください。
・過去2週間以内に感染が引き続き拡⼤している国・地域への訪問歴がある⽅は、ご来館をお控えください。
・マスクの着⽤、咳エチケット、⼿洗いや⼿指消毒にご協⼒ください。マスクを着⽤でないお客様の⼊館はご遠慮いた
だく場合がございます。
・⼤⼈数でのご来館はお避けください。ご来館が集中した場合は、お待ちいただく可能性がございます。
・館内では他のお客様との距離をできるだけ 2m取るように⼼がけてください。
・展⽰室内での会話はお控えください。
・展⽰物及び展⽰ケース、使⽤を中⽌している機器等には⼿を触れないでください。
・万が⼀、館内での感染者の発⽣が確認された場合、神宮の杜芸術祝祭公式サイトにてお知らせいたします。該当する⽇時にご来館されていたかを確認できるよう、ご⾃⾝でご来館⽇時を記録ください。

*野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」も開催中
「紫幹翠葉」展の他、3 ⽉から開催されている野外彫刻展「天空海闊」も引き続きお楽しみいただけます。明治神宮内苑の各所に展⽰された4点の野外彫刻が鎮守の杜と呼応し合う様⼦を、ぜひご覧ください。神宮の杜芸術祝祭のオープンを記念し、3 ⽉ 20 ⽇に開幕したのが、野外彫刻展「天空海闊」です。「天空海闊」とは、果てしなく続く空、快晴の空へ向かって、⼤らかに広がることを意味します。明治神宮として初の開催となる野外彫刻展には、名和晃平、船井美佐、松⼭智⼀、三沢厚彦の 4 名のアーティストが、圧倒的な⾃然に溢れる 70 万㎡の明治神宮の杜を舞台に作品を展⽰しています。アーティストたちが明治神宮を訪問し、設置場所に⾜を運び、明治神宮の歴史や⽂化を理解し、尊敬や畏怖の気持ちを持って制作したそれぞれの作品は、神宮の杜の⽊々と対峙し、呼応し、佇んでいます。新しい作品との出会いをお楽しみいただける特別な展覧会です。
展⽰の舞台となる明治神宮の杜は、緑豊かな都会のサンクチュアリとして親しまれていますが、実は 100 年前につくられた⼈⼯の杜であることはあまり知られていません。当時の森林学や造園学、都市⼯学を採り⼊れながら、持続可能な⾃然と都市づくりを念頭に、⽇本全国から集まった若者たちによる奉仕活動で造られた杜であるというこの事実を、野外彫刻展をとおして⾒直すことは、次の 100 年の⾃然と都市、そして芸術のあり⽅を考えるうえで有益となるでしょう。

神宮の杜野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」
会場: 明治神宮 内苑各所(詳細は会場マップをご覧ください)
会期: 2020 年 3 ⽉ 20 ⽇(⾦・祝)〜2020 年 12 ⽉ 13 ⽇(⽇)*会期中無休
時間: 明治神宮の開⾨・閉⾨時間に準じます
⼊場: 無料
出展作家(*五⼗⾳順、敬称略):名和晃平、船井美佐、松⼭智⼀、三沢厚彦
芸術監督:⼭⼝裕美


LINEで送る
Pocket

関連記事

Top