国内でも屈指の上質な鮨店が数多く集まる西麻布に、「鮨やま田」がオープン

カウンターに立つのは、16歳から料理の道一筋で、大阪・北新地の予約が取れない名店で研鑽を積んだ 27歳の金光将輝氏。都内で飲食店を展開する、株式会社 S.H.Nの若手職人の独立支援の第一店舗目として「鮨 やま田」をオープンします。

金光氏は、自身の鮨について「東京にはあまりない、関西風の甘めのしゃりで勝負したいと思っています。あっさりできる食べ疲れない赤酢のしゃりとネタ合わせ。口あたりのやさしいお鮨を堪能頂けましたらと思います」と、コメント。

金光氏が、自ら食材を厳選しメニューを考案した、おまかせコース(20,000円)は全20品程度。やさしい赤酢のしゃり握りと、日本料理店で活かしたお料理を交互にお酒と共に楽しんで頂くスタイルです。

ガリには生姜とカリフラワーなど旬の野菜を使用。握りは、平目、あおりいか、蟹、小鰭、赤身、中トロ、煮牡蠣、車海老、穴子など。生の月光ゆりねと甘鯛、つぶ貝菜の花あえ、エビイモのこのこソースがけ、雲丹、クエのしゃぶしゃぶ、かぶらむし、海苔を巻いた鯖、まながつおの西京焼き、粕汁などのお料理を交互に提供し、最後まで食べ飽きることのない充実したコースとなっています。※コース内容は季節やその日の仕入れによって異なります。

握りのしゃりは、34~35℃の人肌と同じくらいの温度で提供。金光氏がもとめるしゃりの味を追及するためお米をブレンドし、赤酢には普通の酢を合わせて、香りとまろやかさをだしています。魚は生の新鮮な状態から冷凍したり、ねかしたりして甘味や旨味を最大限に引き出しています。

鮨に合わせるお酒は日本酒、ワイン、シャンパン、ビールなど。お料理とのペアリングもおすすめ。お酒や料理を提供する硝子のグラスや器は、オールハンドメイドの菅原工芸硝子を使用。繊細で美しいグラスや器が、お酒やお料理をよりいっそう引き立てています。

店内は落ち着いた上品な雰囲気で、カウンターの7席を含む40席。完全予約制のため、コロナ渦でも、ゆったりとお食事が可能です。若い大将の握る絶品で美味しいお鮨とお料理をお楽しみください。

電話: 03-6805-1578(完全予約制)
アクセス:
日比谷線広尾駅より約10分
千代田線乃木坂駅より約12分
大江戸線六本木駅より約15分
西麻布交差点から2分
外苑西通り沿い、ENEOS斜め前で1階にセンチュリー21が入居しているビルの地下1階。
営業時間:【一部】18:00~20:00
【二部】20:30~23:00
※当面の間は一部のみの営業
定休日 : 日曜 月曜

関連記事一覧