araisaraの旗艦店が南青山にオープン 

IMG_3039

日本の伝統技術をファッションに乗せ、世界へ発信する「araisara」が2013年3月29日、文化と感性が交差する南青山エリアに初の旗艦店をオープン。
ブランドのアイデンティティでもある、織りや染めによる多彩な柄と、黒を基調としたスタイルは、南青山店の内装コンセプトにも表現され、この空間に毎シーズンのコレクション作品が配置される事により、araisaraの世界観が完成します。

フロア構成は
1F
araisaraの商品をフルラインナップで見る事ができます。プレタポルテでありながら、一点一点素材や色の違うアイテムが並び、自分だけの一着に出逢える特別な空間。
くつろぎの空間とゆとりのあるフィッティングスペースをうれしい。
B1F
シーズンを問わない人気商品の展開と、カスタムオーダーサロン。
また様々な情報発信スペースとして最新コレクションの展示や、エキシビションを予定。
またメンズクロージングの展開も予定。

店舗情報
araisara 南青山店
東京都港区南青山6-6-2-
TEL 03-6427-9854
11:00-20:00
オフィシャルサイト http://www.araisara.jp

ブランドコンセプト
古き者を現代にそして未来へ・・・
「araisara」は新しい視点から伝統文化とファッションの繋がりを表現するため
東洋の文化・風景・自然・心などからインスピレーションを受け、今の社会にファッションを通して夢を届け、
未来の社会にファッションを通して文化を残したいと思っています。
伝統の素材や高い職人技術をモダンなデザインに落とし込み、体を美しく見せるラインやパターンの追求、着る人ひとりひとりを輝かせる服作りと、何通りにも着られるデザインが特徴。

デザイナーフロフィール
中国北京出身。
1997年中国でデザイナーデビュー後、日本に活動の拠点を移す。
東京にアトリエを設立、最高の着心地と美しいシルエットを追求した注文服を開始。
2005年東京目白本店をオープン、一点物の洋服の制作販売を開始。
2008年新しい視点から東洋の伝統文化とファッションの繋がりを表現するプレタポルテライン「araisara」を立ち上げる。
2009-10A/WよりJFW in Tokyoにてコレクション発表。
2011年よりロシア、インド、マレーシアなど多国から招待され、海外でショーを行う等、世界に向けて積極的に活動し、
2013 S/Sよりパリコレクション ONスケジュールにて参加。
2013-14 A/Wより東洋の文化を東京から発信し世界へ届け、世界を東京へ呼べるブランドを目標に東京のファッションウィークに復帰。
東京ファッションデザイナー協議会(CFD)正会員/中国デザイナー協会正会員

2013-14 A/W コレクション記事はこちら



LINEで送る
Pocket

Top