6/22(Sat)~8/4(Sun) レオ・レオニ 絵本のしごと LEO LIONNI BOOK! ART! BOOK! @ Bunkamura

SSレオタイトル

小学校の教科書で読んだ『スイミー』。
繊細で柔らかな色彩で綴られた、知恵と勇気で危機を乗り越える小さな魚たちの物語が、深い記憶の底から、しかし決して埋もれてしまうことなく甦ってきます。作者のレオ・レオニは、オランダ生まれ。9歳からデッサンの基礎を学び、その後イタリアで前衛芸術運動である未来派の展覧会に参加しますが次第に運動から遠ざかり、グラフィック・デザイナーとして活動を始めます。第二次世界大戦中にユダヤ人であることから亡命を余儀なくされたレオニは、移住先のアメリカで、グラフィック・デザイナーとして活躍しながら、画家、彫刻家としても活動の幅を広げ、49 歳の時に絵本の世界へと足を踏み入れました。

子供のための本作りを、「私自身の気にかかっている問題を論じるための表現形式」と捉えていたレオニは、以来、亡くなるまでに30 冊以上の絵本を生み出すことになります。レオニの描く絵本では、小さな主人公たちが、「自分らしく生きること」をテーマとした心温まる物語が展開します。低い視点から見られたミクロの世界のできごとは、瞬く間に読者を空想の世界へと引き込み、「自分探しの」の旅へと誘うのです。本展はレオニの遺族とアメリカのエリック・カール絵本美術館から、絵本原画約100 点とともに、幻想の植物群を描いた「平行植物」シリーズ、メキシコへの旅の体験を基に描いた「仮面」のシリーズなど、油彩や版画、彫刻約30点を出品し、4つのテーマにわけて、生誕100 年を迎えたレオニの「絵本のしごと」を紹介します。

レオ・レオニ LEO LIONNI(1910-1999)
1910 年、オランダ生まれ。イタリアに暮らしていましたが、1939 年に戦争のためユダヤ人であるレオニはアメリカへ移住。イラストレーター、グラフィック・デザイナーとして活躍し
ていた49 歳のとき、孫のために作った『あおくんときいろちゃん』で初めて絵本の世界に足を踏み入れました。1999 年にイタリアでなくなるまでに、30 冊近くの絵本が発表され、日本でもその多くが翻訳出版されています。


【展覧会名】レオ・レオニ 絵本のしごと LEO LIONNI BOOK! ART! BOOK!
【会 期】2013 年6 月22 日(土)-8 月4 日(日)開催期間中無休
【開館時間】 10:00-19:00(入館は18:30 まで) 毎週金・土曜日は21:00 まで(入館は20:30 まで)
【会 場】 Bunkamura ザ・ミュージアム 渋谷・東急本店横
【主 催】 Bunkamura、朝日新聞社
【協 賛】 岡村印刷工業、あいおいニッセイ同和損保
【協 力】 Blueandyellow,LLC、エリック・カール絵本美術館、好学社、あすなろ書房、至光社、
コスモマーチャンダイズィング
【企画協力】 渋谷出版企画
【後 援】 J-WAVE 81.3FM
【お問合せ】 TEL:03-5777-8600 ハローダイヤル
【ホームページ】 http://www.bunkamura.co.jp/


LINEで送る
Pocket

Top