adidas consortiumよりEND.×Bodegaによるコラボスニーカーが発売

BY2103_LATPAIR

END.は、地元ニューカッスル・アポン・タインとグラスゴーに最先端の実店舗をもつ、メンズウェアとスニーカーの人気ショップ。大規模にオンライン展開をすることで、そのブランド名が世界中で知られるようになり、いまではその清潔感のある品ぞろえから一目でブランドがわかる。

Bodega は、マサチューセッツ州ボストンの中心部にある、日用品店のような店構えでメンズウェアやシューズを取り扱っている珍しいショップ。
10年以上にわたって人気ブランドのレアアイテムを取り扱い、コアなファンを獲得している。

今回もまた、世界的に大手の非常に影響力のあるこの2つのショップが、2017年 Sneaker Exchangeでコラボすることになった。
彼らの挑戦、それは、共通の土台を見つけてアディダスの2つのモデルを新たな視点から見ることで、2つの素晴らしいスニーカーを生み出す明確なコンセプトを共に創りあげることだった。

このエクスチェンジで、END.と Bodega は、アスレチックシューズの未来を問いながらアディダスの豊かな歴史を検証する。
ビンテージスニーカー通なら、1970年代のランニングシューズの名品、Haven のリバイバルに心が躍ることだろう。ソフトスエードでラグジュアリーな変身をとげている。
今年大きな注目を集めるもう1つのモデルは、まったく新しいイニキランナー。クラシカルな美しさに、BOOSTTM ソールなどの最新要素や非常に現代的なシルエットを合わせるという遊び心がある。

END.と Bodega はいずれも、スニーカーの生地を選択するときに重要な、ディテールに関する鋭い目を持ち、現代ファッションに対する素晴らしい知識を披露してくれた。
Iniki Runner のアッパーと Heven のスリーストライプスはパッチワークで表現され、再生し進化し続ける役割というテーマを伝えている。

デザインは、ボロデニムと日本の刺し子というステッチの影響を受けたもので、本来ジーンズの修理に使われる技法だったが、現代のメンズファッションでは装飾的な目的で使われることが増えてきている。
両方に共通するデザイン的な要素は、シルエットのクラフト感を感じさせるガムソール。
END. x Bodega の Haven と Iniki Runner はどちらも、過去から刺激を受けながら未来を見つめ続けるスニーカーファンにぴったり。

私たちはどこに向かっているのか。それを発見したとき、本当の興奮が味わえる。

Pre-Release/ 2017年7月1日 END.(endclothing.com) , Bodega (bdgastore.com)
General Release/ 2017年7月8日 Dice & Dice, Hankyu Men’s Tokyo,mita sneakers,Styles DAIKANYAMA,UNDEFEATED




LINEで送る
Pocket

Tags

関連記事

Top