皆川 明による「リチャード ジノリ」のテーブルウェアコレクション。表参道のPASS THE BATONでエキシビションを開催、新商品も発売に

PASSTHEBATONGALLERYでは11月14日(木)から12月8日(日)まで『SPERANZA(スペランツァ)~希望~皆川明』を開催します。




1735年より280年余りつづく伝統を守りながら、バラエティ豊かなクリエイションを続けているイタリアの老舗ブランド‘リチャードジノリ’は、2017年より‘皆川明’を専属デザイナーに迎え「SPERANZA(スペランツァ)「FLORENTIA(フロレンティア)」などのテーブルウェアコレクションを発表してきました。

本企画では、“希望”という名のコレクション「SPERANZA」の2羽の鳩を配した「SPERANZA」、知恵と平和の花言葉を持つオリーブを描いた「OLIVA(オリーヴァ)」、新芽が生える様子をモチーフにした「GERMOGLIO(ジェルモリオ)」の全3柄をキャンバスに、皆川明自身が描いたモチーフからイメージする景色やストーリーを新たに言葉にして綴りオーバープリント、日本の厳しい製品基準をクリアできなかった器に新たな命を吹き込みました。
※一つ一つ違う表情を持った器と出会うことができます。数に限りがございますのでご了承ください。
※会期中、「SPERANZA」「OLIVA」「GERMOGLIO」の3つのシリーズを発売いたします。それぞれ発売日が異なりますので、ご注意ください。一部オンラインでも同時販売いたします。

皆川明(みながわ・あきら)
designer/founder
1967年東京生まれ。1995年に自身のファッションブランド「minä(2003年よりminäperhonen)」を設立。時の経過により色あせることのないデザインを目指し、想像を込めたオリジナルデザインの生地による服作りを進めながら、インテリアファブリックや家具、陶磁器など暮らしに寄り添うデザインへと活動を広げている。また、デンマークKvadrat、スウェーデンKLIPPANなどのテキスタイルブランドへのデザイン提供や、朝日新聞や日本経済新聞の挿画なども手掛ける。

RICHARDGINORI(リチャードジノリ)
1735年、リチャードジノリはイタリア・フィレンツェの郊外で、カルロ・ジノリ侯爵によって誕生しました。以来3世紀にわたり、芸術を愛するイタリアの伝統に育てられ、MadeinItalyにこだわりバラエティ豊かな作品を創り出しています。
http://richardginori.co.jp

PASSTHEBATONOMOTESANDOGALLERY
〒150-0001渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ西館B2Fパスザバトン表参道店内03-6447-0707
月~土11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
URL:http://www.pass-the-baton.com/



LINEで送る
Pocket

関連記事

Top